フォト

おすすめ本

« 「萩を揺らす雨」 | トップページ | お正月の花 »

「レモンメレンゲ・パイが隠している」

ジョアン・フルーク「レモンメレンゲ・パイが隠している」ヴィレッジブックス

お菓子探偵ハンナのシリーズ第4作。
ハンナはクッキー作りの名人で、ベーカリー&カフェの<クッキー・ジャー>を経営しています。

北の町レイク・エデンも、今は夏。
愛猫モシャに枕をとられて、ハンナは寝覚めが良くありません。
モシャはオレンジと白の大きな牡猫で、毛がふさふさ。
夏服を着ようとしたハンナは、きついのに大ショック~ダイエットが必要と決心します。

歯科医で良い友人のノーマンが、いぜんコンテストに応募するためハンナの協力を得て設計した「夢の家」を実際に建てることに。
誰もが二人が結婚すると勘違いし、ハンナもどっきり。
すぐ結婚する気持ちは固まっていないものの、プロポーズされていないと説明するのも微妙。
聞きつけた刑事部長のマイクが嫉妬する様子に、また心は揺れ動きます。

「夢の家」を建てるために購入した土地に立っている古い屋敷の片づけに行くと、前の持ち主が死んでいた…!
今回はハンナが見つけたわけではなく、ハンナ自身もう事件に介入するのはやめようと思います。
ところが…?
いつも反対していたマイクも、実は受け入れていると判明。

毎週一度だけ金曜日は、<クッキー・ジャー>のパイの日。
レモンメレンゲ・パイが、その家にはありました。一切れ食べられただけで。
買ったのは誰だったのか…?

大学に行っている末の妹ミシェルも、登場。
ミシェルが払ったお金の中に、不審な札があり、偽札ではないかと銀行へ行くハンナ。
何とそれは…?!

妊娠中の妹アンドリアは、ブランドもののマタニティ・ウェアを揃えるのを口実に、情報収集のためハンナとブティックへ。
アンドリアは捜査に協力するだけでなく、7月4日の独立記念日に向けて、<クッキージャー>の山車を作りたいと提案。
才能を発揮します。
アンドリアの娘トレイシーも参加して、アメリカ人らしいお祭り騒ぎに。

翻訳がなめらかでテンポ良く、基本的に人の良いハンナの観察眼が生かされ、楽しく読み進められます。
美味しい食べ物が次々に出てくる中、我慢しているハンナ。
ダイエットは成功するか?!
あまりにも季節はずれなので、どうしようかと思ったけど、まあ順番なので‥アップしてしまいますね。

« 「萩を揺らす雨」 | トップページ | お正月の花 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/56325204

この記事へのトラックバック一覧です: 「レモンメレンゲ・パイが隠している」:

« 「萩を揺らす雨」 | トップページ | お正月の花 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック