フォト

おすすめ本

« ソファでのびのび | トップページ | 「光」 »

「ジョン・ブルの誇り」

レイ・ハリスン「ジョン・ブルの誇り」創元推理文庫

19世紀末のロンドンを舞台のシリーズ1作目。

1890年晩秋。
市警察のジョゼフ・ブラッグ部長刑事は、仕立ての良い服を着た若者の入室に驚きます。
実はこれが、新任のジェイムズ・モートン巡査。
彼の考えた私服というのは高級すぎるので、すぐにもっと庶民的な服を買いに走らせることに。
モートンはケンブリッジを出ているのですが、既に交通整理などを勤めた後で、本人のつもりでは至って真面目に仕事に取り組んでいるらしい。

ロンドンの高架下で、アーサー・ポッターという男が殺された事件を捜査することになります。
海運会社の平凡な社員で、そんな所を歩いている理由もない。
ただの追いはぎにしては、様子がおかしい。
遺された妻デイジーは寄る辺もなく、痛ましく思うブラッグ。

会社で何かが起きていたと睨んだモートンは、社長のクロスを尾行し、愛人の女性ベラに近づいていきます。
ブラッグは、モートンのやり方を危ぶむのですが。
お金持ちのお坊ちゃんがそういう女性に近づくのは、ある意味珍しくないことなのかも。
張り込みに劇場へ行くときに、旧友で株式仲買人のデントンと一緒だったりして、このデントンがまた調子のいい男なので、素人探偵コンビのような優雅さ。

たたき上げの硬骨漢ブラッグが見る目には、モートンはのびのびと育ちが良すぎる雰囲気。
このギャップが、ユーモラスに描かれます。
実はモートンは社交界が苦手ですぐ退屈してしまい、やりがいのある仕事を求めていました。
広大な敷地のある屋敷に住み、父親は元軍人で、ケント州統監という堅物。
跡継ぎは長男で、モートンは今は口を出せないのですが、兄は傷痍軍人なので、いずれは次男の彼が跡を継ぐことになるだろう立場でもあるという。

歴史物としてはやや薄めで、書き込みは少ないけど、気軽に読めるかも。
その分、主役のエピソードなどは小出しで、次回に続く?っていう感じですが。

作者は、1928年生まれ。
長く内国歳入庁に勤めた後、投資コンサルタント会社の重役に。
1982年から小説を書き始めた人。
それで金融関係のミステリなんですね。
シリーズはずっと続いているようです。
本作は1983年の作品で、1991年翻訳発行。前に読んだことあるかもしれない‥

« ソファでのびのび | トップページ | 「光」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ジョン・ブルの誇り」:

« ソファでのびのび | トップページ | 「光」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック