フォト

おすすめ本

« 2012年後半に紹介した海外小説 | トップページ | 2012年後半に紹介した小説以外の本 »

2012年後半に紹介した国内小説

2012年後半にご紹介した本
7月
「交換殺人には向かない夜」  東川篤哉
「こいわすれ」  畠中恵
「たまさか人形堂物語」  津原泰水
  
「仮装の騎士」  斉藤直子
「太陽のパスタ、豆のスープ」  宮下奈都
「冬姫」  葉室麟
「ワーキング・ホリデー」  坂木司
7冊

8月
「星やどりの声」  朝井リョウ
「本日は大安なり」  辻村深月
「キミは知らない」  大崎梢
「丹生都比売」  梨木香歩
「小さな貴婦人」  吉行理恵
「千年の愉楽」  中上健次
「君を乗せる舟―髪結い伊三次捕物余話」  宇江佐真理
「尼僧とキューピッドの弓」  多和田葉子
8冊

9月
「永遠の0」  百田尚樹
「人質の朗読会」  小川洋子
「虎と月」  柳広司
「春から夏、やがて冬」  歌野晶午
「雨を見たか―髪結い伊三次捕物余話」  宇江佐真理
「転迷―隠蔽捜査4」  今野敏
「RDGレッドデータガール学園の一番長い日」  荻原規子
「ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち」  三上延
8冊

10月
「ナニワ・モンスター」  海堂尊
「ラブレス」  桜木紫乃
「誰かが足りない」  宮下奈都
「絆回廊 新宿鮫Ⅹ」  大沢存昌
「コンビニたそがれ堂」  村山早紀
「望月のあと(覚書源氏物語『若菜』)」  森谷明子
「陽だまりの彼女」  越谷オサム
「快適生活研究」  金井美恵子
「霧のむこうのふしぎな町」  柏葉幸子
9冊

11月
「偉大なる、しゅららぼん」  万城目学
「ビブリア古書堂の事件手帖2栞子さんと謎めく日常」  三上延
「小春日和」  金井美恵子
「幸福な生活」  百田尚樹
「ユリゴコロ」  沼田まほかる
5冊

12月
「初陣 隠蔽捜査<3.5>」  今野敏
「株式会社ネバーラ北関東支社」  瀧羽麻子
「まもなく電車が出現します」  似鳥鶏
「おまえさん」  宮部みゆき
「猫色ケミストリー」  喜多喜久
「卵の緒」  瀬尾まいこ
6冊

宮下奈都さん、すごくいいと思いましたね。
この中では特に「太陽のパスタ、豆のスープ」ね。最近読んだ(ご紹介はまだな)のもよかったけど。

「丹生都比売」いいです‥大海皇子の息子・草壁皇子をめぐる和風ファンタジー。
これは読者選ぶかなあ?
梨木香歩さんて、すごいわ。

「尼僧とキューピッドの弓」現代的な尼僧院での興味深い暮らしと、ある女性の半生記と。

「人質の朗読会」この作品は忘れないと思う‥
小川洋子さんは外せない。

「本日は大安なり」辻村さん、2作目。
これはドラマ化されたように誰が読んでも良いような作品で、こんなのも書けるのねと。

「仮装の騎士」は日本ファンタジーノベル大賞受賞作リストから。
読むの忘れていた!と思って。ルイ15世時代に実在した美貌の女装スパイの話で、時代や題材は面白いけど、書き込みがもうひとつかな。

「千年の愉楽」濃密で独特でした。
芥川賞受賞作リストをチェックしていて~中上健次、ちゃんと読んだことないんじゃないか?と気づいて。

百田尚樹も評判高いので、いろいろ「永遠の0」好みではないけど、ここまでの密度はなかなかない力作でした!

沼田まほかる、すごい‥嫌ミスとはこれのことかという。意外な展開は読ませます。

金井美恵子さん、最近読んでないなと思って‥
辛口で饒舌。いや面白いわ。

癒し系のを探してました。
「コンビニたそがれ堂」やさしい雰囲気で素敵。
「陽だまりの彼女」かわいい‥
「卵の緒」とか‥
こちらのコンディションによっては甘く感じたかも?という内容だけど。いやいや、甘いだけじゃない~けっこう複雑な味でした。

「ビブリア古書堂」も、取り上げられている本が渋くて、予想より読み応えあったし。

「偉大なる、しゅららぼん」が好きかなあ‥万城目ワールドって、なんともいえない。
住宅街が結構私が住んでるところに似ていたりもして。

「人質の朗読会」とどっちが‥??

« 2012年後半に紹介した海外小説 | トップページ | 2012年後半に紹介した小説以外の本 »

コメント

あいかわらずすごいリストですね!
この頃、めっきり読書が疲れるようになって…わたしは月3冊程度がせいいっぱいですね。

「ビブリア古書堂」のドラマ、ヒロインがいろいろ言われていますね。初回を見る限りでは、努力賞というところでしょうか。イメージはやっぱり、もっと儚げな感じだなあ…


marieさん、
見てくださって、ありがとうございます~。

私は決して速読じゃないんで~これまでの人生の中でもすごくたくさん読んでいるほうなんですよ、これ。
仕事や勉強に必要な本や書類を読まなければいけない時期は、月3、4冊ぐらいのこと、珍しくありませんでした。
ブログがなければ適当に読んで忘れちゃったのもあるだろうし‥
今はできないことが多いけど、できることもあることに感謝です!

「ビブリア古書堂」見ましたよ!
あ、なんか言われてるんですか? あのイラストが有名ですものね。髪短いし~若すぎる?
でも、けっこう雰囲気は悪くなかったです。
確かに努力賞! もっと儚げなイメージというのは、ありますね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年後半に紹介した国内小説:

« 2012年後半に紹介した海外小説 | トップページ | 2012年後半に紹介した小説以外の本 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック