フォト

おすすめ本

« 天茶セット | トップページ | パーカーで着替えたら »

「幸福な生活」

百田尚樹「幸福な生活」祥伝社

読みやすい。
短編集というかショートショートって感じ。
結末はかなりブラックですが~捻りが利いていて、重すぎず、笑えます。

「母の記憶」
認知症で施設にいる母を見舞う息子。
時々妙なことを言い出すようになって、振り回され、認知症とわかったのでしたが。
今日も…

「夜の訪問者」
帰宅したら、女性客が妻と楽しそうに話していました。
なんと浮気相手が妻に近づいていたのです。
しかも、意外なことを言われ…?

「そっくりさん」
見間違えるほど似ている人に会ったと、友達に言われる妻。
もしかして、その町にはそっくりさんがいるのでしょうか。
夫に、実はある疑惑を抱いていたのですが…?

「おとなしい妻」
見合い結婚して三ヶ月。
家庭的でかいがいしく、笑うと愛嬌のある妻に満足していました。
人見知りで、外へ出かけようとしない妻ですが…?

「残りもの」「豹変」「生命保険」「痴漢」「ブス談義」「再会」「償い」「ビデオレター」「ママの魅力」「淑女協定」「深夜の乗客」「隠れた殺人」「催眠術」「幸福生活」と続きます。
タイトルと出だしで、半ば予想のつく話もあるかな?
でもまた、そこを外してきたり。
最後の一行が大事なので、丁寧にめくって下さい!

著者は1956年生まれ。
同志社大学中退後、放送作家に。
「永遠の0」でデビュー。
作品ごとに違う題材を取り上げ、雰囲気を変えて話題作を発表する多才ぶり。
読書家なんでしょうねえ。

« 天茶セット | トップページ | パーカーで着替えたら »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「幸福な生活」:

« 天茶セット | トップページ | パーカーで着替えたら »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック