フォト

おすすめ本

« オリオンさんとご対面 | トップページ | 塩麹ポークソテー »

「背後の足音」

ヘニング・マンケル「背後の足音」創元推理文庫

昨年夏翻訳発行の新作(読んだ時点では)。
スウェーデン南端イースタ警察のクルト・ヴァランダー警部のシリーズ、7作目。(もう8作目も出ました!)
前の事件から2年後。

リガに住む恋人バイバとは4年間断続的に付き合っていましたが、やはり国が違うために結婚は出来ないと断られてしまう。
一方、亡くなった父親の家は、売りに出すことになります。
ヴァランダーは体調が悪く、離れて暮らす娘のリンダとせっかく出かけても、あまり疲れている様子に驚かれたり。
さすがに病院へ行くと、血糖値が高いとわかり、動揺することに。

真面目な警官であるカール・スヴェードベリが連絡を寄越さずに休み、おかしいと気づいたヴァランダーは夜中に一人で彼の家へ。
死体を発見してしまいます。
誰とも深い付き合いのなかった彼が、唯一仲の良かった看護師の従妹イルヴァに、ヴァランダーを友達と言っていたと聞いて、驚きます。
スヴェードベリの意外な一面、そして不審な行動がしだいに明らかに…

若者3人が夏至の前夜、仮装パーティに集まったまま、旅行に行ったという葉書の後、行方不明に。
この事件をスヴェードベリは気にしていたらしい。
おりしも、3人は遺体で発見される。
現場の様子には不自然さがありました。
パーティに参加するはずだったもう一人の女の子イーサを訪ねたヴァランダー。
イーサの両親は裕福ですが、連絡しても旅行先から帰っても来ない冷たさ。孤独なイーサは、何か隠している?

犯人側の視点も少しだけありますが、正体や動機が全くわからないので、怖さがあります。
後ろから迫って来るかも知れないような。
相変わらず不健康なヴァランダーですが、事件には没頭。
のめりこみ&ひらめき型なので、読んでいる方も引きこまれていきます。

地道な捜査で、殺人者を追いつめていく所は、迫力。
犯人の方でも、次の標的や、警察を狙っているのだから、それが交錯していくスリルで、胸が苦しくなりそう。
犯人の人間像も、筋が通っているわけではないのが、またリアルな怖さがあります。
とうてい幸福とは言えないが、決して暴力的ではなかった人間がなぜ突然、凶行に走ったのか…

孤独がちなヴァランダーですが、思いがけない休暇を過ごすことに。
船でもはや住む人のいない島へ渡り、この国に人が暮らし始めた原点を思う。
最後に何とも良いシーンがあります。

北欧では、夏は「暖かくて快適」な季節で「暑くてしんどい」というのはないそう。
そのため夏至祭は、クリスマス以上に盛り上がるハッピーな時期なのだと。
後書きにそうあったので、あらためて事件の印象を認識しました。
1997年発表の作品、2011年7月翻訳発行。

« オリオンさんとご対面 | トップページ | 塩麹ポークソテー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「背後の足音」:

« オリオンさんとご対面 | トップページ | 塩麹ポークソテー »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック