フォト

おすすめ本

« パーカーで着替えたら | トップページ | フードコートのナチュラルさん »

「ブルーベリー・マフィンは復讐する」

ジョアン・フルーク「ブルーベリー・マフィンは復讐する」ヴィレッジブックス

お菓子探偵ハンナのシリーズ3作目。

故郷のミネソタ州レイク・エデンで、クッキーの店を出したハンナ・スウェンセン。
「クッキー・ジャー」は自慢の手作りクッキーを出すカフェで、評判となっています。
前作の終わりで、助手のリサを共同経営者に格上げしました。
ハンナは大柄で、癖のある赤毛、おしゃれにはこだわらない方。
全然似ていない小柄な美人の妹のアンドリアとも、足りない所を補う名コンビになりつつあり、姉妹探偵の楽しさがあります。

レイク・エデンは夏は避暑地として人気だが、秋になると寂れだし、真冬の町は零下20度にもなるという。
町に一番人がいなくなる2月の第3週に、新たな催しとしてウィンター・カーニバルが企画されました。
ローカル・テレビの料理番組の人気者「料理の恋人」ことコニー・マックがやってくるという。50歳ぐらいで笑顔が素敵な美人なのですが。
案内を頼まれたハンナは、彼女の傲慢さに呆れます。
しかも、コニーが用意してきたケーキが車の中で壊れて、ハンナのキッチンを貸し出すことに。
助手のジェイニーは、高校時代のアンドリアの親友で、ハンナもよく知っていました。
ジェイニーのためにもと、我慢するのでしたが…

翌朝、店でコニー・マックの死体を発見してしまう。
ハンナが死体を発見するのはお約束らしく、母親に「評判が落ちるから、そんなことをしないように、気をつけなさい」と毎度説教されます。
その母親ドロレスは、カーニバルの企画で、ハンナの店の隣にある古い屋敷を最初の町長ジョーダンの家のように再現するため、家具などを選んで入れていました。
アンティークが好きなドロレスが、短期間にふさわしい品を集めた手腕には、ハンナも感心するのですが。

ハンナの店は、事件現場として封鎖されてしまいます。
しかも、まず容疑は、姿を消したジェイニーに。
さらに、コニー・マックに撮影のことで振り回されて怒っていたというノーマンにまで疑いが。
一刻も早く事件を解決しなくては、と決意するハンナ。
「レイク・エデン・イン」でクッキーを焼かせて貰うことになり、女主人のサリーの協力も得て、宿泊している客達の動向にも目を光らせます。

保安官事務所の指導官マイクには、勝手な捜査をしないように釘を刺されるのですが。
町一番のハンサムでセクシーなマイクとは、ハンナは何度かデートをした仲。
歯科医のノーマンとはいい友達ですが、母親同士がやたらとくっつけたがったために、反発して時々距離が開き、時々その良さを再認識するという関係。
きっとノーマンは、マイクの赴任で、チャンスがなくなったと思っていたかも。
どっちもまだハンナに愛しているとは言ってないんですね。
これは~ずうっと引きずるのがお約束?

今回はお菓子だけでなく、美味しそうな食べ物も色々出てきます。
アンドリアがすっごく食欲があるんですね~その理由は?
お菓子のレシピ付き。
すごくボリュームありそうだけど、たまには良いよね…
どれにしようかな♪

2002年の作品。
著者はレイク・エデンのようなミネソタの小さな町で生まれ育った。
1980年作家デビュー、さまざまなジャンルの作品を発表。

« パーカーで着替えたら | トップページ | フードコートのナチュラルさん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/55918252

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブルーベリー・マフィンは復讐する」:

« パーカーで着替えたら | トップページ | フードコートのナチュラルさん »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック