フォト

おすすめ本

« ガーリーなシティさん | トップページ | 黒チュールのシティさん »

「コンビニたそがれ堂」

村山早紀「コンビニたそがれ堂」ポプラ文庫ピュアフル

薄い文庫で、優しい雰囲気。
子どもに読み聞かせしても良いような、わかりやすい文章で、素直に心に染み入るよう。
ちょっと疲れている大人にも。心地良く読めます。
児童文学の作家さんなんですね。

風早(かざはや)の町の、駅前商店街のはずれ。
夕暮れ時に歩くと、古い路地に赤い鳥居があるあたりで、いつもは見かけない不思議なコンビニを見つけることがあるという。
おでんが煮えていて、作りたてのお稲荷さんの甘い匂いもします。
レジの中には、長い銀色の髪に、金色の目をしたお兄さんがいて、にっこりしているのでした。
「何をお探しですか?」
大事な探し物がある人は、ここで見つけられるという…

「コンビニたそがれ堂」
小学5年の雄太は、無口で、子どもながら男らしい。
実は動物好きで涙もろい面もあったのですが、それは隠していました。
猫を助けたときに同級生の美音という女の子と、仲良くなります。
ある時、皆の前で、意地を張って冷たくしてしまい…?

「手をつないで」
ある寒い日、えりかのママは不機嫌でした。
突然機嫌が悪くなるときがあり、何故なのか理由もわからない。
リカちゃんを捨てたといわれ、町中を探し回ります。
そして、見つけたのは…?

「桜の声」
ラジオのアナウンサーをしている桜子。
仕事に行き詰まりを感じていましたが、ある日、不思議な出来事が…?

「あんず」
あんずは、小さな猫。
高校生の男の子に拾われて、家族に可愛がられていました。
一度だけ、人間になりたいと思うようになり…

2006年にポプラ社から刊行。
2008年に文庫化。
2010年に新装版が出ました。
著者は1963年、長崎県生まれ。
「シェーラひめのぼうけん」など、著書多数。

« ガーリーなシティさん | トップページ | 黒チュールのシティさん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/55767012

この記事へのトラックバック一覧です: 「コンビニたそがれ堂」:

« ガーリーなシティさん | トップページ | 黒チュールのシティさん »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック