フォト

おすすめ本

« 二つ折りでも | トップページ | 黒ブラウスのおてんばさん »

「生きていてもいいかしら日記」

北大路公子「生きていてもいいかしら日記」PHP文芸文庫

アラフォーの独身女性の気どらない生活を面白おかしく。

結婚した妹は隣に住んでいて、子どもの幼稚園のママ友が送り迎えに来るのに良く出会うが、「あのお姉さんは一体」と皆の質問が妹に殺到するとか。
隣に佐藤浩市が越してきたらと妄想したり。
父が山菜を採ってきて料理してくれた日、夕食時には家におらず、夜中に帰って水につけてあった山菜に足を突っ込んだり。
好きな物は昼酒、嫌いな物はキティ。

「胸の立場がない」は、10日ほどの入院生活をしたとき。
手術が終わった後、看護師さんに「いびきかいてませんでしたか」と詰め寄ったという。
すごいいびきをかいているのではという不安があったらしい。
ところが手術着がゆるくて胸が丸見えになっていて、妹がお姉ちゃんそれどころじゃないだろうと思ったとか。

「人生の不思議」は、友人の一人が恋人に別れを告げられていた日。
別の友達には、孫が生まれていた。
自分には何もない…もう少し神様がちょうど良くしては貰えないもんだろうか?という話もテンポ良く。

「人生を変えた偉人伝」は、子どもの頃読んだキュリー夫人の話。
キュリー夫人が困窮していたときに、親戚が肉を食べさせてくれて、元気が出て研究に戻ったというエピソードがあったのだそう。
「どれだけすごいんだ、肉」と思うようになったとか。西洋人は肉を食べているから強いのだと何かにつけて。

キティちゃんが嫌いだと公言したら、なぜかキティグッズを貰うようになり、溜まってしまった。嫌いも好きのうちだとか、そのうち好きになるだろうとか思われて。貰った物は簡単に捨てられずに困ることに。

くだらないことを書き続けることで、どこかで安心してくれる人もいるのではないかと、後書きインタビューに。
著者は北海道生まれ。
大学卒業後、フリーライターに。
サンデー毎日に2006年から連載。

« 二つ折りでも | トップページ | 黒ブラウスのおてんばさん »

コメント

好きなものは昼酒、
嫌いなものはキティに思わず共感

お天道様が明るいうちのお酒って美味しいんですよね。
そして、嫌いとまでは断言しませんが
アメリカの人気もののネズミを我が家では出入り禁止にしています。

キティちゃんグッズは今すごいですよね。
ご当地キティとか・・・
確かロンドンでも見たような覚えがあり、
かわいい顔して、世界征服を狙っているにちがいありません。

sigeさん、
おお~なるほど☆
そこに共感しましたか!
私はお酒弱いから~午前中に漫画読むとか?夕食後にデザート食べるとか?かなあ~普段しないのでたまにすると楽しいのって。

某キャラクタ出入り禁止ですか!
私はあまりはっきりしたカラーの絵とかは出入りなしかも。
キティちゃん人気すごいですね!
世界的人気って、おもしろいもんですね~。
野望を秘めた顔だった?!!
これも輪郭だけとかなら可みたいな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「生きていてもいいかしら日記」:

« 二つ折りでも | トップページ | 黒ブラウスのおてんばさん »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック