フォト

おすすめ本

« 水色のドレスの少女 | トップページ | 「不機嫌なメアリー・ポピンズ」 »

「雨を見たか」

宇江佐真理「雨を見たか―髪結い伊三次捕物余話」文春文庫

廻り髪結いの伊三次は、お文と所帯を持ってはや数年。
息子の伊与太は病気もしましたが、すくすく育っています。

元深川芸者のお文は一度は芸者をやめましたが、今は桃太郎という名で日本橋で芸者をやっています。
何かあってもお文がいれば安心と、若い芸者にも頼りにされていました。
正月には黒紋付きに裾模様のある着物で座敷に出ます。
呉服問屋のお座敷で年増扱いされて、気を悪くしますが、じつは…?

伊三次は、町方同心の不破友之進の手伝いもしています。
伊与太と同じ年頃の不破の娘・茜は、大人しい伊与太と違って手が掛かるやんちゃ娘。
行方不明になって大騒動となりますが…?

不破の長男・龍之進は元服して、父もいる北町奉行所の同心見習いとなりました。
これは前作からで、若い世代の話の比重が多くなっています。
要所要所に出てくる大人達の言動が引き締め、お文の気っぷの良さは光っていますけどね。

見習い組には、6人の若者がいます。
同心の緑川の息子で、気性の激しい鉈五郎。
大人びている春日多聞。
勤勉で、調べ物が得意な西尾左内。
元は商人で養子になった古川喜六。
ものぐさな橋口譲之進という面々。
左内の姉が実家に戻っており、労咳なので離婚話が持ち上がります。
大人の世界をかいま見る龍之進。

その頃、本所無頼派という顔を隠した暴れん坊6人が町で問題を起こしており、最初は人を驚かせるだけでしたが、次第に深刻になってきます。
同じ年頃の旗本の次男三男がやっていることと目星を付けた見習い組は、我が手で召し捕りたいと探索を続けていました。
長男以外は、どこかに養子縁組が出来なければ一生、部屋住みの身。
これは、養子先が決まった者は抜けていく、ということでもありました。

無頼派の一人が、辻斬りを行ったと龍之進らは目を付けます。
しかし、町方の出来ることには限界もありました。
勘当された若者を一度は捕らえたのですが…?
侍の社会の成り行きがリアル。
全体的には若者の活気がみなぎっていますが。
心が行き違う哀しさがふと胸に残ります。
2009年8月文庫発行。

« 水色のドレスの少女 | トップページ | 「不機嫌なメアリー・ポピンズ」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/55551348

この記事へのトラックバック一覧です: 「雨を見たか」:

« 水色のドレスの少女 | トップページ | 「不機嫌なメアリー・ポピンズ」 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック