フォト

おすすめ本

« 7月の花 | トップページ | 「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」 »

「夜明けのパトロール」

ドン・ウィンズロウ「夜明けのパトロール」角川文庫

サーファーが主人公。
ポップな乗りで、最近のウィンズロウにしては軽快な話。

ブーン・ダニエルズは、凄腕のサーファー。
(ブーンは、あだ名が通称になったもの)
カリフォルニア州最南端、サンディエゴのパシフィックビーチに住んでいます。
警官を辞めた後、私立探偵の仕事をしていますが、仕事には身が入らない。
毎朝、サーフィンのために集まる仲間は、5人。「ドーン(夜明けの)・パトロール」と称していました。

水難救助員のデイヴ・ザ・ラブゴッドは、彫刻のようにたくましいハンサムで女性にモテモテ。
ジョニー・バンザイは、血気盛んな日系の警官。
ハイ・タイドは、公共事業課作業監督。サモア生まれで160キロの巨漢なため、満潮という意味のあだ名。
ハング・トゥエルブは、サーフショップの店員でドレッドヘア。
もう一人は、ブーンを上回るほどのサーファーの美女サニー。

サニーが現れたとき、ブーンと当然のように恋仲になったが、今は別れています。
ウエイトレスをしているサニーは、大きな波が来て脚光を浴びるチャンスを待っていました。
折しも、20年ぶりの大きな波が訪れようとしている…

公判で証言する予定だったストリッパーのタミーが行方不明になり、捜索の依頼に若い女性弁護士ペトラが、ブーンを訪れます。
イギリス人で育ちのいいペトラは、サーファー・ショップの2階の雑然とした部屋が事務所なのに呆れますが。
その頃、タミーという名前の女性は、ホテルから飛び降りていた…
人違いで殺されたらしく、ブーンは次第に本気で助けようと奮戦することに。

大きな波が来る前に、事件を解決する事が出来るのか?
タミーが働いていた店や付き合っていた男を捜すうちに、麻薬組織のボス、レッド・エディーが関わっていることがわかってきます。
ブーンとは、旧知の仲でした。
タミーは、猫のような眼をした美女。
なぜか事件現場に子供がいたらしい。その理由とは…?

警官を辞めたいきさつは、哀しい。
過去の無念が、似た事件の渦中に新たな行動を呼び覚ますことに。
弾むような文章で、明るい日ざしの中、個性的な人物がかっこよく登場。
予想外の展開で、面白く読ませます。
今の仲間達の心意気が良いですね。

著者は1953年生まれ。
サンディエゴ在住。それほど上手くはないがサーフィンもするそうです。
ニューヨークを始めとする全米各地やロンドンで私立探偵として働き、保険会社のコンサルタントもした経験があるそう。
1991年「ストリート・キッズ」でデビュー。
これは2008年の作品。2011年7月翻訳発行。
「犬の力」は、2010年度「このミステリーがすごい!」で1位。

« 7月の花 | トップページ | 「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「夜明けのパトロール」:

« 7月の花 | トップページ | 「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック