フォト

おすすめ本

« アリス服の秋桜さん | トップページ | 「恋するジョゼフィーヌ」 »

世界選手権女子結果

いや~はあぁ…熱戦でした!

優勝はカロリナ・コストナーでした!
素晴らしいプログラムで、うっとりするような演技。会場もスタンディングオベーション。
世界選手権は10回目だそう。
表彰台も過去3回?あるけど、金は初めて。

銀メダルはアリーナ・レオノワ。
小さなミスがあってフリーだけでは4位だけど、ドラマチックな演技で頑張りました。
腕を上げましたね~。
モロゾフコーチに変わってから、めりはりが出ました。
プログラム構成は見慣れたみきちゃんぽい内容だったけど、だんだんレオノワならではのパワフルさに裏打ちされた迫力のある演技になりましたね。

鈴木明子さんが銅メダル!
オペレッタ「こうもり」の曲で、綺麗な青いドレス。前のよりも似合って良いデザインです。
舞踏会を思わせる軽やかな演技で、にこやかに。
表現力のすばらしさを目の肥えた観客に見せて、世界に引き込みました。
小さなミスはあったけど…苦手な3ルッツがやっぱりシングルになったのね。
でも音楽とみごとに同調した優美な演技で、良くまとめ上げました!
昨年は世界選手権出場を逃しましたからね。その悔しさをバネに努力してきたんでしょう。
練習の積み重ねもさることながら、雰囲気に飲まれない意志の強さ、この一試合にかける思いの強さが世界選手権には必要ですね。
SP5位から上げて、フリーだけでは2位。

4位、アシュリー・ワグナー。
SPは出遅れましたが、全米女王の意地を見せました。
ほぼパーフェクトで、魅惑的な黒鳥の演技。フリーでは3位。

5位に村上佳菜子ちゃん。
後半でダブルアクセルがシングルになっちゃったのが二つあったけど、他はかなり上手くできていました。
体調不良だったそう。
昨年の8位を思えば、殊勲賞ものですよ。
着実な成長を楽しみにしています。

6位に真央ちゃん。
冒頭のトリプルアクセルがシングルに。
気力が抜けたみたいに、シングルやダブルになってしまうジャンプを連発。
暗い顔でかわいそうでした。
現地に着いてから上手くいかなかったという…
せめぎ合う勢いに今はついて行けなかったんじゃないかしら。
結果は残念だけど、悲しみの影響があったかも知れない、それは人間だもの…21歳の若さです。やむを得ないんだと思いますよ。
スケーティングが前より正確に滑らかになったのは実績。
ゆっくり疲れを取って。焦らずに少しずつ、また練習していってね。

7位、中国のケシン・ジャン。若いジャンパー。

8位、バレンティナ・マルケイ。イタリア。
大胆な青い衣装。パワフルなダンスでした。

9位、クセニア・マカロワ。ロシア。
モンローの映画曲で。
転倒が目立つ出来でフリーだけなら14位。

10位、エレネ・ゲデバニシビリ。グルジア。
オペラ座の怪人の曲で、髪を流し、ローズの縁取りの白いドレスでロマンチックに。
フリーだけでは15位の出来、悔しそうでした。

11位、ビクトリア・ヘルゲション。スウェーデン。
「サンセット大通り」の曲で、往年の映画女優のイメージ。クラシックな美貌に似合っています。
ちょこちょこミスはあったけど、まあまあかな?

12位、イリサ・シリテ。フランス。
17歳。ジャンプが得意なようで、フリーだけなら8位。

13位、エレナ・グレボワ。エストニア。放映なかった?
14位、ジェナ・マコーケル。イギリス。
優美な大人の女性。ヴァン・デル・ペレンの奥さんで二人一緒に世界選手権に出るのは4度目とか。

15位、ソニア・ラフエンテ。スペイン。
16位、アメリー・ラコステ。カナダ。
カナダの姐さん、ちょっと辛そうでした。

アリッサ・シズニーは22位。ジャンプで5回転倒、ボロボロで気の毒でした。シーズン半ばに怪我をしていたそう。
これは彼女だけでしょうけど…
なぜか今回は佐藤コーチの選手はあまりいい成績が残せませんでしたね。直前の調整とか、地の利がアウェーだから?とか、氷の状態との相性とか?何かあったのかしら。

« アリス服の秋桜さん | トップページ | 「恋するジョゼフィーヌ」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界選手権女子結果:

« アリス服の秋桜さん | トップページ | 「恋するジョゼフィーヌ」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック