フォト

おすすめ本

« 「切れない糸」 | トップページ | ジャック・スパロウのスタイル »

フィギュアスケート四大陸ほか

3月という事はもうすぐ世界選手権!
四大陸のことも何も書いてないことに気づいたので~最近の結果を出来るだけ、メモしておきます。

[ジュニア]
ジュニアもやってたんですねえ。
あ、放映がある…と思ったきり予約もしなかった大ぼけ。
女子優勝はロシアの13歳。ユリア・リプニツカヤ。187.05とは。
ソチに間に合う年齢だそうですよ。
2位はグレイシー・ゴールド。アメリカ。
3位はアデリナ・ソトニコワ。ロシア。

4位に宮原知子(さとこ)。初出場だそうです。157.78。1998年3月26日生まれ。13歳?!
(全日本に出てましたよね。フリー3位。総合6位でした。)

5位、ジジュン・リー。中国。
12位、佐藤未生。
20位、庄司理紗。

男子は1位、ハン・ヤン。中国。
2位、ジョシュア・ファリス。アメリカ。
3位、ジェイソン・ブラウン。アメリカ。
4位、デニス・テン。カザフスタン。まだジュニアにも出てたんだ?!
7位に田中刑事。
9位に日野龍樹。10位に宇野昌磨。

[ヨーロッパ選手権]
も見てませんが~結果だけ。
男子は復帰のプルシェンコがかるがる優勝です!261.23。
ヨーロッパ選手権は7度目の優勝。
1982年11月3日生まれの29歳。ソルトレイク銀、トリノ金、バンクーバー銀。

2位はガチンスキー。246.27点。18歳。
3位はアモディオ。フランス。
4位、ミハル・ブレジナ。チェコ。
5位、トマシュ・ベルネル。チェコ。
6位、ハビエル・フェルナンデス。スペイン。

女子はコストナーが優勝。183.55で2シーズンぶり、4度目。
2位、キーラ・コルピ。フィンランド。
3位、ゲデバニシビリ。グルジア。
4位、ポリーナ・コロベイニコワ。ロシアはどんどん新星登場しますね。国内のデッドヒートが凄そう…
5位、ヴィクトリア・ヘルゲソン。スウェーデン。
6位、クセニヤ・マカロワ。
7位、アレーナ・レオノワ。

アイスダンス優勝はペシャラ&ブルザ。

[全米]
女子はアシュリー・ワグナー優勝。187.02。
2位、アリッサ・シズニー。
3位、アグネス・ザワツキー。
4位、キャロライン・ジャン。
5位、クリスチナ・ガオ。
6位、レイチャル・フラット。
7位、長洲未来。

男子はジェレミー・アボット優勝。おお、佐藤コーチの~席巻してますねえ。
2位、アダム・リッポン。これも弟子。
3位、ロス・マイナー。
4位、アーミン・マーバヌーザデー。
5位、ダグラス・ラザーノ。
6位、ステファン・キャリエール。
7位、キーガン・メッシング。

[四大陸選手権]
ヨーロッパ以外って事ですね。
世界選手権などに比べれば小さな大会でしたが、最近は有力選手が出ますね。
年明けての調子を見て調整に入る重要な機会でもありました。

女子は、アメリカのアシュリー・ワグナー優勝。
四大陸の表彰台は初めて。192.41。
ジャンプも安定して、素晴らしい出来でした。
もともと身体が柔らかくて腕の表現は良かったけど、いぜんは元気は良くても大味な所がありました。
化けましたね~!
あれほど達者な踊りをされると、他がかすむわ…

真央ちゃんが銀メダル。188.62。
衣装を替えて、今の真央ちゃんに似合っていました。
全体に安定してきて、トリプルアクセルが入れられるようになってきたのが良いニュース。回転不足はとられてましたが。
表現も滑らかでこの2年でずいぶん成長した様子がうかがえますだけど、完璧ではなかったのはやむを得ないでしょう。
真央ちゃんは5年連続3位以内のどこかに入ってます。1位3位1位2位2位ですね。

3位はやはりアメリカのキャロライン・ジャン。2010年にも3位に入ってました。
4位に村上佳菜子。169.32。
5位、ケシン・ザン。中国。
6位、アグネス・ザワツキー。アメリカ。
7位、アメリ・ラコステ。カナダ。
8位、シンシア・ファヌフ。
9位、今井遥。
10位、カク・ミンジョン。韓国。

男子はパトリック・チャン優勝。273.94は凄すぎますが。
立派な出来でした。
高地に向けての体力作りをしてきたんじゃないかしら。
2009年にも優勝しています。他は見あたらない…あまり出てないのかも知れません。
1990年12月31日生まれの21歳。17歳の時にカナダ選手権で初優勝。
今年の世界選手権で280.98を出しています。
カナダ選手権で300の大台突破。国内なので、世界の記録にはなりませんが。

2位、高橋大輔。244.33点。
2005年3位、2008年1位、2011年1位ですね。
良い所もあったんだけど、惜しい所も!
2010年3月に世界で優勝したとき、257.7。
これまでの最高得点は2008年の264.41。もう採点法が少し違うかもね。

3位、ロス・マイナー。
四大陸の表彰台は初めてでしょう。
昨年は羽生君が2位、その前は町田君が2位だったのね。

4位、アダム・リッポン。
5位、無良崇人。
6位、デニス・テン。
7位、町田樹。
8位、ケヴィン・レイノルズ。カナダ。
9位、ミシャー・ジー。ウズベキスタン。
10位、ジンリン・グァン。中国。

アイスダンスはカナダのヴァーチュー&モイヤーが優勝。
オリンピック・チャンピオンです。

世界ランキングを少々。
途中の時点だから非公式のようですが。
2位、鈴木明子
4位、安藤美姫
7位、村上佳菜子
8位、浅田真央
13位、今井遥
31位、庄司理紗
男子
2位、高橋大輔
5位、小塚崇彦
6位、織田信成
10位、羽生結弦
18位、町田樹
29位、無良崇人

昨年2月ではキムヨナが1位。
5月の段階では安藤美姫1位、コストナー2位、明子さん3位。
男子は高橋君1位、織田君3位、小塚君4位だったんですよ。
ランキングの点数は公式の世界大会の順位によるポイントで、細かい規則のある計算になります。大会に出ていないとカウントされないので、けがなどで欠場があると不利になります。

« 「切れない糸」 | トップページ | ジャック・スパロウのスタイル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィギュアスケート四大陸ほか:

« 「切れない糸」 | トップページ | ジャック・スパロウのスタイル »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック