フォト

おすすめ本

« 世界選手権女子SP | トップページ | 世界選手権男子フリー »

世界選手権男子SP

1位、パトリック・チャン。
大きさのある演技。
細かく言えばパーフェクトではなかったのに、今期最高点をマーク。
つけいるほどの隙はなし。

2位、ミハル・ブレジナ。
びしっとシャープで正確、素敵でした。
中盤の4回転サルコウ成功がカッコイイ。
曲は日本の鼓童の太鼓によるもの。

3位、高橋大輔
冒頭の4回転は着地したものの、それに続けての連続の着地に失敗。
それ以外はダンサブルで、リズムに乗り、かっこよかったです。

4位、ブライアン・ジュベール
4回転3回転の連続を決めて。
自国開催で、ベテランがまずまず力のある所を見せました。

5位、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)
4回転がいつも凄く高い。今期躍進の20歳。
最高の出来ではなかったけど。黄色いセーターに吊りズボンが可愛い。

6位、フローラン・アモディオ。
フランスらしいファッショナブルな衣装。
転倒がもったいない。

7位、羽生結弦
4回転は成功。
細い身体で情熱のこもった演技。
後半に一回、3回転ルッツのはずが1回転にすっぽ抜けたのがありました。

9位、ジェレミー・アボット。
2度も失敗とは意外な不調。
振り付けはいいんだけど。

13位、小塚崇彦
4回転と3回転半の2度の大物ジャンプで転倒、びっくり。
他は細かい振り付けに工夫が見られ、魅力を増した動きでした。

14位、トマシュ・ベルネル
魅力のある選手なんだけど、やはりジャンプミスが響きました。

16位、アルトゥール・ガチンスキー
4回転が跳べなかったけど…ここまで下がる?

ジャンプだけで演技がつまらないという人はいなくなりましたね。
それだけに大きなジャンプが成功するかどうかで点差が広がる。
他の大会なら失敗しても6位ぐらいなのに…メンツの揃った世界選手権だと、下がるとがーっと下がりますねえ。

今回、女子は間が空いて休める日程。
男子は連日なので体力も鍵ですね。
大波乱あるかも?!

« 世界選手権女子SP | トップページ | 世界選手権男子フリー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界選手権男子SP:

« 世界選手権女子SP | トップページ | 世界選手権男子フリー »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック