フォト

おすすめ本

« 丸亀製麺にて | トップページ | 世界選手権女子SP »

「星々の舟」

村山由佳「星々の舟」文春文庫

直木賞受賞作。
舟は家族を意味しているのでしょうね。
星座のように、孤独なようでも繋がっている…

戦争帰りの父は、傷跡を抱えて時に荒れる男。
長男とは大人になっても距離があるままでした。
長兄・貢とは年の離れた次男・暁は、子連れの家政婦から後妻となった継母になつきますが…

実の兄妹と知らずに愛し合ってしまった暁と、連れ子の沙恵。
自分だけが一家をつなぐつもりでいた一見明るい末娘にとっても、世界は壊れてしまう…
団塊の世代で、堅実に暮らしながらも、自分の居場所を探し続ける長兄。
いじめにあっていた相手にまた出くわしてしまうその娘・聡美。
その孫娘を可愛がる祖父と、視点を変えながら描いていきます。
背景にあった祖父の悲惨な体験が、哀切。

きちんと描写された手堅い出来映えです。
もがきながら生きていく切なさや、なかなか理解して貰えない内心のけなげさが、きらりと透明な光を放つようなのが、この作者らしい。
発表当時も読みましたが、再読。

とっくの昔にご紹介したつもりだったんですが。
直木賞のカテゴリを作ってみたので、探したら…な、ないっ。
ブクログの「sanaの本棚」をチェックしたら~2010年2月にアップしてありました。
しかも、その時既に再読とは…?

« 丸亀製麺にて | トップページ | 世界選手権女子SP »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「星々の舟」:

« 丸亀製麺にて | トップページ | 世界選手権女子SP »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック