フォト

おすすめ本

« 「二流小説家」 | トップページ | 「スコーレNo.4」 »

アンモニャイトな夜

111110_190554寒い夜は、ぎゅうっとね…
見事なアンモニャイト。

111118_214542ほとんどこの格好のまま、何時間も寝ていることがありますね。

お鼻の先が冷たいのかしら~?

おや?
突然、動きました。
111107_224957丸い後ろ姿…
ヒーターの方を向いて、風に当たっています。

111107_225024…後頭部って、可愛い。

「あのね」
111110_190819え?

「設定温度、上げてくれない?」
はいはい~coldsweats01

あれから1年たちましたね。
(この後はちょっと辛い話ですので、今は無理という方は遠慮なくスルーしてね)
被災者の皆さまの苦しみが少しでも癒されますように。
普通の生活をしていけますように。
復旧が進むことをお祈りいたします。
安心がよみがえりますように。
新しく希望が生まれますように。

私も東日本という意味では被災者側ですが、東北の被害の大きさには言葉もありません。
両親とも福島の出身で、郷里は震災では無事な方でしたが、その後の台風によって思わぬ被害を受けました。

3月には生きていた母も、秋に人生を終えました。
数年前から続いた母の介護、昨年前半は兄のがん治療(幸い回復しました)、そして母の葬儀、父の世話と入院と続いて、個人的にも激闘の1年でした。
震災の報道はあまり見ることが出来ませんでした。
家族の心配をする人の気持ちは他人事ではありません。

介護は大変でしたが、充実感や感動、色々な発見もあります。
天寿を全うしたと思えますので、若くして急になくなった方のことを思えば、母も家族も幸せだったと思います。
それでも死別の悲嘆は、これまでにない重さがありました。
父も後を追いかねない勢いで悪化しましたので…

父も治らない病気ですが、今は痛み止めが効いて、病院で落ちついて暮らしております。
兄夫婦と週に3回ぐらいはお見舞いに行っています。
私もヨレヨレですが…ようやく自分の治療にも通い、小さな気晴らしを見つけて、少しずつ健康を回復しようとしております。
ある程度、病人が暮らせるような家になっていますし、お人形の服作りなども、介護をしながらでも出来る趣味として始めたものでした。

辛いときに暖かい言葉をかけていただいて、身にしみて嬉しく思ったことも何度もありました。
本当にありがとうございました。

こういう話だけだと辛すぎますので~
猫の日常風景の記事を先にしました。
猫が変わらずに元気いっぱいで愛嬌振りまいているのが、救いです。

何も出来ませんが~ネットで、クリック募金はずっとやっております。
バナーの貼り方とか?コンディションが良くないため、新しいことが出来ないんですが…
「クリックで救える命がある。」というサイトです。

« 「二流小説家」 | トップページ | 「スコーレNo.4」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/54113677

この記事へのトラックバック一覧です: アンモニャイトな夜:

« 「二流小説家」 | トップページ | 「スコーレNo.4」 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック