フォト

おすすめ本

« リカちゃんドレスのアリスさん | トップページ | 穴子の柳川御膳 »

「マンハッタン物語」

ローレンス・ブロック「マンハッタン物語」二見文庫ザ・ミステリ・コレクション

マンハッタンは、ニューヨークの中心部。
ザ・シティと呼び慣わされているそうです。
マンハッタンをこよなく愛するローレンス・ブロックが、マンハッタンに縁の深い作家に依頼して、まとめた短編集。
ニューヨークを舞台にしている、どこかダークなミステリというテーマ。
地図が載っていて、なるほど~と興味をそそられます。
位置関係をけっこう勘違いしていたわ~。

「見物するにはいいところ」ジェフリー・ディーヴァー。
ヘルズ・キッチンという名は、次第に使われなくなってきた地区で。
ペテン師のリッキーと組んでいる人間、悪徳刑事の三つ巴の混戦。

「雨」トマス・H・クック
雨の夜、バッテリー・パークで、人々の運命が交錯していく…

「次善の策」ジム・フジッリ
売れないピアノ弾きのマクシーと暮らしてきたミッツィ。
ろくでなしの正体に気づいた頃、同じアパートのマリアと親しくなります。
マクシーが銀行強盗の片棒を担ぐ計画を知って…

「怒り」S.J.ローザン
ハーレムを舞台に。
レックスは恋人を寝取った男ともみ合い、殺人罪で10年、仮出所で8年の保護観察中。
犯罪に関わるつもりは全くなかったのですが…
近所に住む少年達の動向が気になっていると、事件が起きてしまい、その捜査で、刑事がしつこく絡んでくるようになり…

「ニューヨークで一番美しいアパートメント」「男と同じ給料をもらっているからには」など、タイトルも面白い。
「住むにはいいところ」ローレンス・ブロックで締め。

全部で15本の珠玉の作品集といっていいでしょう。
暗めでしゃれた味わいのものが読みたいときに。
作品ごとに地図がつき、巻頭のブロックによる序文、巻末の著者紹介も充実。
面白かったです。

« リカちゃんドレスのアリスさん | トップページ | 穴子の柳川御膳 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マンハッタン物語」:

« リカちゃんドレスのアリスさん | トップページ | 穴子の柳川御膳 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック