フォト

おすすめ本

« ムーンストーンさんの細部 | トップページ | 「ひまつぶしの殺人」 »

「マーチ家の父」

ジェラルディン・ブルックス「マーチ家の父 もうひとつの若草物語」武田ランダムハウスジャパン

「若草物語」のもう一つの面。
ほとんど不在だったマーチ家のお父さんは、どうしていたのか?という。
史実に基づくドキュメンタリー的な要素もある小説です。
ピューリッツァ賞受賞作。

「若草物語」の作者ルイザ・メイ・オルコットの父は、ブロンソン・オルコットといって高名な哲学者でした。
この小説では、「若草物語」の父親ミスター・マーチとして登場するのも、理想主義的で夢想家。
南北戦争に従軍牧師として参加し、大変な経験を共にしながらも…
時に兵士を叱りつけ、色々な信仰の持ち方の人がいる前で、理想のままの説教をして、軍の中で浮き上がってしまう。
この時期の手記や手紙を交えながら、描かれています。
「若草物語」の4姉妹は父の無事を祈り、手紙を心待ちにし、帰りを待ちわびていましたね。

妻エリザベスは「若草物語」ではよく出来た良妻賢母だったけど、じつは次女のジョーにもっとも似た気性。
(…そういえば、そういう指摘もあったような気が)
この物語では生き生きしたエリザベスに、若き日のマーチがほとんど一目惚れするいきさつから。
ただ、かんしゃくがひどいので、結婚を危ぶむ気持ちになったほど。
夫の説得で次第に落ちついていく様子も描かれています。

家が貧乏になったいきさつも衝撃的。
もともと金銭感覚があまり無かったせいもあるけど、黒人解放のために、どんどんお金を出してしまったとは…

黒人奴隷は、家庭の中に馴染んで、一見すると家族同様に遇されている場合もありました。
それでも、差別は苛酷で、教育を与えることは法律で禁じられるようになっていたのです。これは、反乱や逃亡を押さえるため。
マーチが若い頃に最初に南部に行ったときに、印象的な女性グレイスに出会っていました。
(このあたりが創作の肝でしょう)
本の行商をしていたマーチは、裕福な家にしばらく滞在していたのです。
グレイスは奴隷ですが、法律が出来る前に良い教育を前に受けて、奥様の話し相手になっていました。グレイスに頼まれて、幼い少女にこっそり字を教えるマーチ。
ところが、それが発覚して…

南北戦争の頃の時代相が、ありありと描かれています。
マーチは、妻や娘達には、戦争がどれほど悲惨かは知らせませんでした。
病院へ駆けつけた妻は、実態を知ることに。
マーチの妻から見た視点が最後に挿入されて、さらに辛辣かつ重層的に。
このあたりが痛みを伴いつつも、感動的です。
病床にありつつも、多くの人を目の前に見ながら救えなかった罪悪感に苦しむマーチ。
やがて、帰宅した家庭に、灯がともる…

« ムーンストーンさんの細部 | トップページ | 「ひまつぶしの殺人」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マーチ家の父」:

« ムーンストーンさんの細部 | トップページ | 「ひまつぶしの殺人」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック