フォト

おすすめ本

« サラダバー付きチキンソテー | トップページ | 三美神のドール »

「骨と歌う女」

キャシー・ライクス「骨と歌う女」講談社文庫

女性検死官ものの一つですね。
テンペランス・ブレナンは、アメリカ人の法人類学者。
ノース・カロライナの検死官事務所のコンサルタントであり、カナダのモントリオールにある法医学研究所でも働いています。
通称テンペ。

愛想のないクローデル刑事の要請で、遺体の検査に当たることになります。
暴走族同士の抗争に巻き込まれて、罪もない少女が命を落としたのです。
テンペは、クズリ作戦班に自ら加わることを志願します。
一緒に仕事をすることになったクイックウォーターという刑事は、クローデル以上に愛想がなく、ろくに口もきかないのが謎。
女性の参加を好まない警察官の態度に苛立ちつつも、これぐらいのことでは負けないんですね。

テンペは、離婚して数年。
アンドリュー・ライアンというハンサムな刑事に何年も申し込まれて、やっと付き合いだしたところです。
ところが、彼が逮捕されてしまい、連絡が付かなくなる。
信じたいと思いつつも、明らかな証拠が報道されて、胸を痛めるのでした。

一方、甥のキットが訪ねてきて、泊まり込みます。
テンペの妹の息子で、父親と釣り旅行中だったのですが、何かあって父親から逃げ出してきた様子。
妹はもともと母親らしいタイプではなく、再婚相手と旅行中。
テンペはいぜんから時々母親代わりをしていたため、甥に甘い伯母なのですが…
バイク好きなキットは、土地の暴走族と接点が出来て、事件の捜査に関わってくることに。

作家自身が、アメリカ法人類学協会で50人しか正式に認定されていないという法人類学者という~プロ中のプロなので、描写がすごく詳しい。
ヒロインと同じく、カナダとアメリカの両方で仕事をしているそうです。
シカゴ生まれ。
デビュー作からヒット。これは2000年発表の3作目。邦訳は2冊目。

一人暮らしの女性の食べるものに共感してしまった…
テレビ・ディナーは食べないけど…近いかも?

« サラダバー付きチキンソテー | トップページ | 三美神のドール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「骨と歌う女」:

« サラダバー付きチキンソテー | トップページ | 三美神のドール »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック