フォト

おすすめ本

« 箱の中、箱の上 | トップページ | 「悪の教典」 »

「ママになった猫の海ちゃん」

岩合日出子 岩合光昭「ママになった猫の海(カイ)ちゃん」ポプラ文庫

野生動物の写真を撮っていた夫の岩合さんがいつしか、街をうろつく猫たちに魅せられたそうです。
助手として同行する妻の立場から、書かれています。
もうひとつ、猫の気持ちがいきいきと伝わる写真が撮れない。
これはやはり自分で飼うしかないと決めて、探していたら、めぐりあった子猫。

この子だと直感で思うのですが、2匹いたので一緒に連れ帰り、しばらく試しに暮らしてみることに。
類と名付けた姉妹のもう一方が、素直で愛らしく扱いやすい。
海のほうはひねくれ者で、面白いと思いつつも、育てにくいのではないかと気持ちが揺らぐのでした。
結局、類を返すと、海は寂しがるどころか、明らかに喜んではしゃぐのに驚く夫婦。
…いや~これは…2匹のどちらかとご夫婦が迷っていたのを気づいていたんでしょうね。

海ちゃんはとても表情豊かで、モデルとして大活躍することになります。
「ネコでないネコ」という表現をされているのが謎でした。
猫らしい猫を撮りたいのでは?と。
奥さんは実家では庭に外ネコがたくさんいる環境だったため、そういう暮らしをしているネコが自然な姿と思っていたんですね。

赤ちゃんが生まれることになり、海を実家に預けることに。
外ネコがたくさんいる家で、海は新参ながら~一匹だけの家猫として、お母さんに可愛がられます。
泊まりに行くと、同じ部屋に寝に来る海ちゃん。
しかし、しだいに、ご夫婦とは薄れゆく絆…
赤ちゃんをのぞき込む海を思わずはたいてしまい、それ以来、一緒に寝なくなるのが切ない。
海ちゃんはまだ信じていたのに、ショックだったでしょうね。

でも外ネコの世界にも馴染み、恋をして、なんと毎年子供を産むようになる。
子猫を可愛がって育てる姿に、いつ覚えたのかと感動する作者。
こんな幸せがあったのなら、ここに来たのもよかった~!と海ちゃんも実感していたでしょう。
幸せになって、よかったねえ…!
ご夫妻に生まれたお嬢ちゃんとも仲良くなって、「海ちゃん姉ちゃん」なんて呼ばれて。
いい一生でしたね。

私が関わった色々なネコのことを思い出して、ちょっと切ないけど。
こんなにたくさんの猫の写真、どうやって撮るんだろうと思っていた謎が、ちょっと解けました。

« 箱の中、箱の上 | トップページ | 「悪の教典」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ママになった猫の海ちゃん」:

« 箱の中、箱の上 | トップページ | 「悪の教典」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック