フォト

おすすめ本

« プーリップのネルラ・その2 | トップページ | プーリップのネルラさん・その3 »

「シティ・マラソンズ」

三浦しをん、近藤史恵、あさのあつこ「シティ・マラソンズ」文藝春秋

それぞれにスポーツ系でヒット作のある3人の作家の企画物。
挫折感やほろ苦さ、こだわりや希望…
いい感じです。

「純白のライン」
阿部広和は、不動産会社に勤めています。
社長に呼び出されて、ニューヨーク・シティマラソンに参加するツアーに行かされることに。
社長の娘・真結が参加するので、そのお目付役でした。
家庭的な会社で、若い広和は真結のおもり役もずいぶん務めたものだったのです。
もとは陸上部だった広和ですが、ブランクは10年。
大学4年になって陸上の才能がないとやっと見切りを付けて、就職活動をし、面接で「努力の意味がわからなくなった」と本音を吐いた所、採用されたのでした…

「フィニッシュ・ゲートから」
南野悠斗は、スポーツメーカーのシューズオーダーメイド部門に勤めています。
8年音信不通になっていた友人・冠城湊から、東京マラソンに参加するという電話が入ります。
中学高校と一緒に走っていたのですが、湊は控えの選手で、悠斗のほうが優秀でした。
ところが、焦りから疲労骨折を起こし…

「金色の風」
フランスに留学した香坂夕。
バレエ教室を経営する母のもとで、幼い頃からバレエに打ち込んできましたが、1年前にやめたのです。
妹の朝美のほうがぬきんでた才能があり、朝美のハンブルグ留学が決まった後のことでした。
部屋の前の通りをランニングして通る女性アンナと知り合います。
金色の犬のベガと共に走っていたアンナ。
「あなたもバレエという芸術の一部なのよ」と…

さわやかな読み応え。
スポーツ選手には故障や限界の苦しみがつきものだけど…
挫折もふくめて、すべては糧になる?

« プーリップのネルラ・その2 | トップページ | プーリップのネルラさん・その3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「シティ・マラソンズ」:

« プーリップのネルラ・その2 | トップページ | プーリップのネルラさん・その3 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック