フォト

おすすめ本

« 「3652―伊坂幸太郎エッセイ集」 | トップページ | 正月に、すき焼き »

「赤い靴の誘惑」

シャンナ・スウェンドソン「赤い靴の誘惑―(株)魔法製作所」創元推理文庫

魔法使いの出てくるファンタジーですが。
舞台はニューヨーク。
おしゃれで楽しいコージーミステリとしても、読めます。

ヒロインのケイティ・チャンドラーは、26歳。
ニューヨークに出て来てから1年もの間、魔法というものがあると気づかないでいました。
今は魔法使いのいる会社MSIで働いていますが、魔法の目くらましが効かず、本来の姿が見えるのがケイティのいわば特技。このタイプは、イミューンと呼ばれています。

シリーズ2作目。
同じ会社に勤める弁護士のイーサンに交際を申し込まれて、デートを楽しみにしているところから。
真面目な両親に育てられて兄が3人もいたせいか、万人の妹タイプで、恋愛には疎いケイティ。

社内でスパイ事件が発生し、マーリンからケイティが調査を一任されます。
そう、あのマーリン!
アーサー王の頃、いやそのいぜんから生きている大魔法使いです。
ケイティは、大役に悩むことに。

そんなとき、故郷テキサスから両親が出てくることになって、大あわて。
会社は普通の地図には載っていなくて、中世のお城のような姿。
しかも、魔法が効かないという自分の特異能力が突然失われて、失業の危機に?!
実は母親もイミューンとわかります。羽根をつけた妖精が浮かんでいると驚愕、素晴らしい芸だとチップをあげようとしたり。
何もおかしいと感じない父親と、夫婦げんかに。

同じルートで会社に行くオーウェンには、護衛して貰いがてら一緒に通勤しています。
研究開発部の理論魔術課の責任者で、人中を好まず、とてもシャイ。
ケイティとはとりあえず口を利くので、心を許している様子だと皆には感心されます。
すごいハンサムな彼に見とれつつ、友達扱いしかされないことにガックリする日々。
そういう経験が多かったための思いこみもある?

ケイティは、イーサンとデートするときの服を選ぶために、ルームメイトと出かけ、赤いハイヒールに一目惚れ。
その靴を履いて出かけたら、いつになくパーティではモテモテに。
ところが…?!
ロマンチックで、ユーモラス。
とても楽しく読めました!

« 「3652―伊坂幸太郎エッセイ集」 | トップページ | 正月に、すき焼き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/53379209

この記事へのトラックバック一覧です: 「赤い靴の誘惑」:

« 「3652―伊坂幸太郎エッセイ集」 | トップページ | 正月に、すき焼き »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック