フォト

おすすめ本

« 「青天の霹靂」 | トップページ | ロマンティック・アリス »

「ガラクタを捨てれば未来がひらける」

カレン・キングストン「ガラクタを捨てれば未来がひらける」小学館文庫

1996年発行の本。
世界的ベストセラー。
基本は、今流行の何かと似てますね…これが嚆矢なのかしら。
この本は、よりスピリチュアルかも。

著者はイギリス人で、イギリスとバリ島と半々で暮らしているそう。
バリの風水など、世界の聖地や文化を研究し、家や仕事場を浄化する方法を実践。
順序立てて説かれる考え方、価値観が新鮮で、新しい感覚が参考になる面もあると思います。

ガラクタを捨てるコツと、その意味とは。
空間を浄化するスペース・クリアニングというのを家で各部屋について行うと、運が向いてくる。
風水の考え方と合わせて取り入れると、効果倍増とか。
この人に頼むのがもちろん最高なわけですが、自分でもこうすれば出来ると説明してあります。

ただし、順番に取り組まなくてはいけないので、一気に行うと逆効果の場合も。
ガラクタがいっぱいあるうちに、幸運を倍にしようと鏡を置くと、邪魔が増えてしまうとか。
幸運を呼ぶ物をピンポイントで取り入れるのって、やりたくなりますけどね~苦笑。

健康なときにやるべきで、病気の人は治ってからが基本。
ただ、どっちが先かわからないような場合もあり、出来る範囲で少しだけやると、病気が少し快方へ向かうこともあるそうです。
これはそうかな~と思って、私も少しだけ片づけましたよ!

« 「青天の霹靂」 | トップページ | ロマンティック・アリス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ガラクタを捨てれば未来がひらける」:

« 「青天の霹靂」 | トップページ | ロマンティック・アリス »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック