フォト

おすすめ本

« 日だまりの寝床 | トップページ | たこのピリ辛パスタとスイーツ »

「ニューヨークの魔法使い」

シャンナ・スウェンドソン「ニューヨークの魔法使い<(株)魔法製作所>」創元推理文庫

シリーズ一作目。
ケイティ・チャンドラーは、26歳のごく普通の女の子。
テキサスからニューヨークへ出てきて、1年。
学歴も経験も役に立たず、ヒステリックな上司の気まぐれを堪え忍ぶ日々。
ニューヨークは、全く変わった所だと思っていました。

というのは、教会の屋根にはガーゴイルが出たり消えたりし、背中に羽根をつけている服飾学校の生徒や、宙に浮いている大道芸人がいても、誰も驚きもしないで通り過ぎるのです。
実は、それはすべて、実在する妖精や魔法。
ケイティは、自分にしか見えていないと気づかないままだったのですが…

ある日、地下鉄で知り合った男性二人。
ロブのほうは、なぜか回りじゅうの女性の注目を集めているけれど、ケイティには全く魅力が感じられない男性。
いきなり転職の申し出を受けますが、本気には出来ません。
ロブと一緒にいたオーウェンのほうが、ケイティはよほど魅力的だと思うのです。
が、長身でハンサムな彼は伏し目がちで、異様にシャイで控え目。
仕事では有能なのですが、それ以外はろくに口もきかず、目が合うと真っ赤になる始末。
それには、ある理由が…

ケイティが思い切って訪ねた会社は、魔法制作会社でした!
魔法が本当にあると気づかされたケイティ。
魔法にかからない体質という~自分の力を生かすことが出来ると知り、新たな冒険に乗り出します。
会社のトップのマーヴィンは、実はあのマーリン!
会社を辞めた男性フェランが、悪意のある魔法を売りさばこうとしていると知って、ケイティはそれを止めるために働くことになります。
これまでの仕事の経験も、意外に役に立つのが面白い。

楽しく読めるファンタジー。
地味なワーキング・ガールの現実から、一気に面白おかしい世界へ。
魔法版「ブリジット・ジョーンズの日記」という紹介もありました。
ブリジットよりも普通なヒロインは、なかなか感じが良いです。

« 日だまりの寝床 | トップページ | たこのピリ辛パスタとスイーツ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/53378762

この記事へのトラックバック一覧です: 「ニューヨークの魔法使い」:

« 日だまりの寝床 | トップページ | たこのピリ辛パスタとスイーツ »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック