フォト

おすすめ本

« えんじの振り袖のオリオンさん | トップページ | 白地にピンクのふくら雀 »

「マリアビートル」

伊坂幸太郎「マリアビートル」角川グループパブリッシング

伊坂ワールド全開な~犯罪小説。
東北新幹線の中で次々に起こるとんでもない事件を、楽しげにテンポ良く描いた作品です。

木村雄一は、病院にいる息子の渉のために、新幹線に乗ります。
目的は、王子という名字の中学生。
坊っちゃん風で品はいいけれど、実は、6歳の渉をデパートの屋上から面白半分に突き落としたのがこの中学生。
王子を狙った木村は、逆に王子の罠に捕らえられて、脅迫を受け続ける羽目になってしまう…

もっとも不運な男・七尾も乗っています。
七尾は便利屋で、時には危険な仕事も引き受けるのですが、業界内では軽く見られて、「てんとう虫」というあだ名を付けられています。
仕事を取ってきて仲介するのは、真莉亜という女性。
今回の仕事は、あるスーツケースを持ってくるだけのはずでしたが?

一方、蜜柑と檸檬という二人組の殺し屋。
長身でたくましく、雰囲気が似ているために、双子と思われることもあるコンビ。
蜜柑は読書家で蘊蓄垂れ、檸檬は機関車トーマスのファンで、何かといえば例えに出します。
峰岸というボスの息子を連れ戻すだけのはずが、車中で息子が何者かに殺されてしまい、窮地に立ちます。
しかも、大金の詰まったスーツケースまでが、行方不明に?

それぞれのもくろみが錯綜する新幹線!
かなりブラックユーモアだけど、間が良くて、笑えます。
そして、ちゃんと一番生き残って欲しい人は生き残り、一番嫌な奴はそれなりに。
「グラスホッパー」を読んでいる方がわかりやすいかもだけど、逆でも差し支えはありません。
面白かったです!

« えんじの振り袖のオリオンさん | トップページ | 白地にピンクのふくら雀 »

コメント

ひさびさに伊坂幸太郎らしい作品というか、(みなさん売れると無難になる傾向がありますね)やたらに人死にが多い~
最後のどんでん返しがあざやかなのも久しぶり!そう来るか?!という感じでした。
この本を読んでしばらくして新幹線に乗ったのですが、なんだか落ち着きませんでした。ああ、ここが収納ねとかワゴンを押したお姉さんとか(笑)

marieさん、
確かに~無難じゃないのが面白かったですねえ!
ブラックユーモア全開で~蘊蓄たれや、皮肉な展開もらしくて、その中に、さらに「こうでなくちゃ!」というテイストも入っていて。

あはは、読んだ後に新幹線に乗るとちょっと…
収納!
お姉さんもまじまじ見てしまいそうですね☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マリアビートル」:

« えんじの振り袖のオリオンさん | トップページ | 白地にピンクのふくら雀 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック