フォト

おすすめ本

« 「小夜しぐれ」 | トップページ | 親子丼ぶりのセット »

「第九軍団のワシ」

ローズマリ・サトクリフ「第九軍団のワシ」岩波少年文庫

サトクリフの初期の名作です。ローマン・ブリテン三部作の一冊目。

ローマがブリテン島(イギリス)を支配していた時代のこと。
ブリテンに赴任した青年マーカス・アクイラ。
かって父親が所属した第九軍団が消息を絶っていた事も気にかかり、出来るなら謎を解明し、名誉を回復したいと願っていました。
が、暴動を鎮圧する際に脚に大けがをして、軍人としての生命を絶たれてしまいます。
叔父がやはり軍人としてブリテンに赴任し、そのままこの地に留まっていました。失意のマーカスは、叔父のもとで、療養生活を送ることに。

マーカスは闘技場で試合を見ていて、エスカという奴隷が殺されかかっていたときに目が合い、親指を上に上げます。
これは、闘技で負けた方の助命を主張するということ。つまり、それがなければそのまま殺せ、という荒っぽい競技というか命がけの見せ物なのです。
慈悲をかけられた後は、試合しても人気が出ないからと、奴隷として譲り受けることに決めるのでした。
エスカはブリトン人で、ローマに反乱を起こして一家を殺された身。
マーカスとはどことなく通じ合うものがあり、しだいに身分の壁を越えた友情が培われていくのでした。
奴隷身分から解放した後も、従者として留まります。

第九軍団の旗印であるワシが、北方の部族の神殿にまつられているという噂を聞きます。
マーカスは旅回りの目医者にばけることを思い立ち、エスカと共に旅立つことに。
ハドリアヌス防壁を越えたら、そこはローマの力の及ばぬ世界。
情報を集めながら、ゆっくり地方を回って、ついに‥

懐いた狼の子が待ちわびているのが、ずっと気になっていました。
再会できて、良かった~!
あ、お隣の家の女の子もね。

若々しさと共に、悠揚迫らざる風格。
自然の美しさと厳しさ。
みずみずしい友情。
ドラマチックな緊迫感だけでなく、詩情があり、すばらしい作品です。

« 「小夜しぐれ」 | トップページ | 親子丼ぶりのセット »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「第九軍団のワシ」:

« 「小夜しぐれ」 | トップページ | 親子丼ぶりのセット »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック