フォト

おすすめ本

« 「百瀬、こっちを向いて」 | トップページ | 「県庁おもてなし課」 »

「アクシデンタル・ツーリスト」

アン・タイラー「アクシデンタル・ツーリスト」早川書房

アン・タイラーで一番オススメできると思います。
映画化されているのも、わかりますね。
映画タイトルは「偶然の旅行者」

一人息子を亡くして1年、メイコンとサラのリアリー夫婦の仲は冷え切っていました。
妻サラが出て行き、結婚20年でついに別居となります。
「アクシデンタル・ツーリスト」という旅行案内を書くのが、メイコンの仕事。観光ではなく用事で急に旅行することになった人~主にサラリーマン向けの本なのです。
几帳面で堅苦しく、感情を表に表さないメイコン。
厳格な祖父母に育てられたことが直接の原因なのでしょう。
父を亡くした後、気まぐれな母に翻弄されたことや、4人も兄弟がいたので、自分たちだけで結束したことも一因?
一人暮らしを楽しもうと工夫しますが…

ボルティモアの旧市街の住宅地にある大きな家。
一緒にいるのは猫のヘレンと犬のエドワード(ウェルシュ・コーギー)だけ。
メイコンにとっては、妻のサラはただ一人の女性でした。

骨折したことをきっかけに、実家に戻ることに。
リアリー家の古い建物には、既に離婚して戻ってきた兄二人と、結婚も就職もしないままの妹ローズがいました。
世話焼きのローズは有能なのですが、オールドミスしか着ないような服装。
猫はいいけれど犬のエドワードは環境の変化に混乱してますます手に負えなくなり、来客には吠え、家を出ようとする家族にまで襲いかかる始末。撃ち殺せとまで言われるが、それだけはメイコンも首を縦に振らない。
キャンプ地で強盗に出くわして殺されてしまった12歳の息子イーサンの犬だったのです。

ある日、犬猫病院で、ミュリエルという25歳の女性に出会います。
派手な服装でメイコンには若すぎる彼女に何かと接近され、かわそうとするのですが、いつしか…

メイコンの担当編集者でもある出版社のジュリアンが来訪。
古風で独特な暮らしぶりに興味津々となります。
陽気でお気楽なバツイチ独身のジュリアンの好奇心を煩わしく思うメイコンですが、なんとジュリアンが二つだけ年上のローズと恋に落ちます。

ユニークな一家の堅苦しくも不器用なのが何ともおかしみがあります。
メイコンは最初は本当に冷淡なのかとも思えるのですが、次第に味が出てきます。
若いミュリエルの強烈なキャラクター。
少々とっぴで品はないけど、不屈の精神がいいですね。若くしてできちゃった婚で、未熟児で生まれた息子を一人で育て、アレルギーのある息子に対してはいささか過保護。
ミュリエルの住む界隈は貧しく、メイコン一家とは社会階層が違うのですが。
縁は異な物としみじみ。
荒れていた犬のエドワードが、ミュリエルの躾でしだいにマシになっていき、ミュリエルの家で、少年アレクサンダーの隣で初めて眠るところ…何気なく書いてあるけど、泣けます。

アン・タイラーは1941年ミネソタ生まれ。
1964年デビュー。1984年の本書が長篇10作目。

« 「百瀬、こっちを向いて」 | トップページ | 「県庁おもてなし課」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「アクシデンタル・ツーリスト」:

« 「百瀬、こっちを向いて」 | トップページ | 「県庁おもてなし課」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック