フォト

おすすめ本

« 「県庁おもてなし課」 | トップページ | 「ペンギン・ハイウェイ」 »

「忘れられた花園」

ケイト・モートン「忘れられた花園」東京創元社

少女の数奇な運命をめぐる~話題のベストセラーです。
1913年、イギリスからオーストラリアの港に着いた客船。
人々がいなくなった後、幼い女の子が取り残されていました。

小さな白いトランクを持っているだけで、自分の名前も覚えていない。
港の事務所に勤めていた男性が女の子をとりあえず引き取り、ネルと名付けて、長女として育てることにします。
妹二人も生まれて、幸せに成長しましたが。
21歳の誕生日に、父が本当のことを打ち明けると、ネルの世界は崩壊してしまいます。

父の死後、トランクを渡されて、記憶がよみがえり始めるのでした。
トランクの中にあった絵本の「絵のおばさま」に、「ここで待っているように」と言われたのです…
ネルは、自分の身元を調べ始めましたが…?

2005年、ネルを看取った孫のカサンドラは、イギリスに遺産として家が遺されていることを知ります。
コーンウォールまで行ってみると~コテージは美しい地帯にありましたが、寂れ果てていました。
1975年に、ネルが買い取ったコテージ。
元の持ち主マウントラチェット家に、ネルは縁があるらしい。
地元の青年クリスチャンが、改装を手伝ってくれました。彼は子供の頃、ネルにここで会ったことがあるというのです。
カサンドラは初めて、いくつかの事実を知り…

「絵のおばさま」ことイライザ・メイクピースは、子供向けの作家でした。
短い活躍の後は消息不明のまま、忘れられています。
そのイライザの幼い頃は、ロンドンの下町でのどん底の暮らし。
母ジョージーナは名家マウントラチェットの出でしたが、駆け落ちしていたのです。
なんだかディケンズの作品や~小公女を思い出すような面白さ。

イギリスでの過去の出来事が少しずつ繋がり、ネルの視点、カサンドラ、ネルの父、イライザ、イライザの伯母、イライザの従姉妹ローズの視点などで、次々に語られ、興味は尽きません。

著者は1976年オーストラリア生まれ。三人姉妹の長女。
2006年「リヴァトン館」でデビュー。本作は2作目。
作者の祖母が養女と知ってショックを受けたと聞いたことが、モデルになっているとか。

« 「県庁おもてなし課」 | トップページ | 「ペンギン・ハイウェイ」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「忘れられた花園」:

« 「県庁おもてなし課」 | トップページ | 「ペンギン・ハイウェイ」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック