フォト

おすすめ本

« 「「吾輩は猫である」の謎」 | トップページ | チェックワンピのおてんばさん »

「黄金の狩人」

ロビン・ホブ「黄金の狩人」創元推理文庫

ファーシーアの一族3部作の続編。
王家の庶子という生まれのフィッツも、30代半ばになっています。
トム・バジャロックと名乗り、田舎の農場で静かに隠遁生活を送っていました。
狼のナイトアイズのことはよく狼に間違えられるが飼い犬と説明しています。
が…恩師シェイドが訪ねてきて?

六公国を襲った外島人の「赤い船団」が撃退されて、15年。
国王ヴェリティが世を去った後、王妃が一粒種の王子を育てながら、六公国を統治していました。
ヴェリティの兄の庶子であるフィッツは、陰の存在としてシェイドに教育され、時には暗殺者として働いた過去が。
シェイドは今や王妃ケトリッケンの顧問として、表に出ている立場。
王子デューティフルの教育をフィッツに依頼に来ます。

しかし、フィッツは表向きは処刑されているのです。<気>をあやつった咎で。
この15年の間に、<気>はいちだんと疎まれ、リンチで八つ裂きにされるという事件さえ起きていました。
動物と絆を結ぶことは、一歩間違えば獣同然になってしまう可能性もあったのです。
フィッツは狼のナイトアイズと絆を結び、時には共に狩りをし、共感する部分を持っています。

そんなとき、かって王の道化だった不思議な人物が訪ねてきます。
白の道化と知られていたのですが、なぜか肌の色が濃くなり髪も金髪に。
異国の貴族ゴールデン卿と名を変えて、華やかな宮廷人となっていました。
ゴールデン卿の従僕兼用心棒としてバックキープ城に戻ることにしたフィッツ。
ゴールデン卿とフィッツの友情も楽しい。

デューティフル王子には、仇敵と和平を結ぶための婚約が持ち上がっていました。ところが王子が行方不明になってしまったという。
誘拐か、家出か?
婚約までに戻らなければ、和平も破綻する‥
ゴールデン卿とフィッツは怪しいと思われる貴族の領地を訪ねますが‥?!

フィッツは行方不明の王子を追って、山を行くことに。
王子は<気>を持つ古き血族の狩猟猫に取り込まれ、反乱の徒パイボルドに利用されている様子。
王家ファーシーア一族は遠視能力で国を守ってきましたが、古き血族の<気>とは全く別ものとされていました。
実際にはこの世界の超能力のたぐいは皆どこかで繋がっていた物なのだろうが、記録も不完全で、すべてを知る者はもはやいない。

意識を絡め取られている王子に説明する暇もなく、強引に奪い返すフィッツ。
王子は当然ながら、見も知らぬ従僕に過ぎないフィッツの無礼な態度に反発しますが…
次第に心を開いていくのですね。

半端でない危機を通り抜け、哀しみと衝撃をこらえつつ、いずれは前に進もうと思い定める人々。
バックキープの都に住む<俗>のまじない師の女性ジンナも、孤独がちなフィッツの良き理解者になりそう。
面白かったです。

« 「「吾輩は猫である」の謎」 | トップページ | チェックワンピのおてんばさん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/52384262

この記事へのトラックバック一覧です: 「黄金の狩人」:

« 「「吾輩は猫である」の謎」 | トップページ | チェックワンピのおてんばさん »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック