フォト

おすすめ本

« 「リヴァトン館」 | トップページ | あじさい蕎麦 »

「今朝の春」

高田郁「今朝の春―みをつくし料理帖」ハルキ文庫

大好きなシリーズ!
つる家の料理人・澪が主人公。
お江戸を舞台に、上方から出てきた娘が小さなお店を盛り立てて大活躍します。(かみがたが髪型に変換されたまま出してありました…失礼~
これが4作目。
もう5作目も出ていますね~楽しみ☆

「花嫁御寮」
伊勢屋の美緒に、大奥奉公の話が持ち上がります。
包丁さばきの試験があるということで、澪は指南役を任されますが。てんやわんやの騒動に。
料理は、ははきぎ飯。腎の臓の病に効くというほうき草の実をなんとか料理に生かせないかと知恵を絞った物。
澪の憧れの人・小松原の母親が登場、思いがけなく澪の人柄を認めはするのですが、身分が違いすぎる悲しさ。

「友待つ雪」
戯作者の清右衛門が、吉原のあさひ太夫を題材に戯作を書くことになったという。つる家の座敷で話している様子を漏れ聞いて、心配する澪。
澪の幼なじみだった野江が、あさひ太夫となっていった過去が次第に明らかに…
料理は「里のしらゆき」

「寒紅」
おりょうの旦那、伊佐三に浮気の疑惑が?
仕事で遠方に出かけているのですが…
たまたま澪も、伊佐三が女性にまとわりつかれている所を目撃してしまいます。さて?
料理は「ひょっとこ温寿司」

「今朝の春」
登龍楼との料理の競い合いを行うことになったつる家。
澪が生み出した料理は…?
寒鰆の昆布締め!
お、美味しそう~~

« 「リヴァトン館」 | トップページ | あじさい蕎麦 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「今朝の春」:

« 「リヴァトン館」 | トップページ | あじさい蕎麦 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック