フォト

おすすめ本

« シティ・イン・ザ・シーの美女 | トップページ | 「夢の破片」 »

「往復書簡」

湊かなえ「往復書簡」幻冬舎

3話収録。

「十年後の卒業文集」
同窓生の中からカップルが生まれ、めでたく結婚することに。
披露宴の写真を送りがてら、一人だけ来なかったかってのメンバーについて、手紙が飛び交います。
高校の放送部で一番人気のあった部長の浩一が新郎ですが、相手は高校の時付き合っていた千秋ではなく、副部長だった静香なのです。
いつの間に、こうなったの?
あの時みんなで好きな人を打ち明け合った、本当の気持ちは…?
最初から本気だった?
みんなで願掛けをしようという話があったときの気持ちは…
大学時代に何があったのか。そして、千秋が怪我をして、今は行方が知れなくなったというのは…

誰が誰に送った手紙なのか、というのも一捻りしてあって、飽きずに読めます。
お互いがどう思っていたか、自分はどう思いこんでいたかというあたりのずれは、ちょっと意地悪で、いかにも。
後味はこれまでに比べると、ずっとマシ。

「二十年後の宿題」は、まずは教師が、かっての生徒に。
20年前に川で起きた事故に関わった子供達が、現在幸せにしているかどうか、見てきてくれと頼みます。
あのとき、本当は何があったのか。
そして、教師が頼んだ理由とは?
幸福を祈る思いへ、向かっているのですね。

最後の一編「十五年後の補習」
はこれまでより一歩進んで、前向きな覚悟が感じられます。
15年来付き合っている二人。
万里子は、中学2年の時に起きた事件当時の記憶をなくしていました。
純一は、素直で真っ直ぐな彼女を守っているつもりでいましたが、いざというときの彼女の勇気にはかなわないという~気持ちも、抱いていたのです。

突然、彼が国際ボランティア隊に参加してアフリカへ2年間赴任することになり、半年間の準備期間中も何も聞かされていなかったことにショックを受ける彼女。
手紙のやりとりが、始まります。

過去の事件は深刻なのですが‥
誤解を解きつつ、しっかり向かい合っていく二人のやりとりなので。
こんなに後味良くて、良いの?ってぐらい。
新境地のようですね。

« シティ・イン・ザ・シーの美女 | トップページ | 「夢の破片」 »

コメント

「二十年後の宿題」が、吉永小百合さん主演で映画化されるそうですよ。
文庫化されていたので、購入して読んでみました。
複数の視点から物語が進む構成に手紙はぴったりですね。
今は手書きで手紙書かないですから、かえって新鮮に感じました。

わたしは、はじめの物語が一番おもしろかったです。やっぱり女ですから、こういうの、身近であったら興味シンシンだろうなあ~
実はわたしも高校時代放送部だったので、その頃のことがなつかしく思い出されました。みんな、どうしてるか、連絡とってみようかなあ~

marieさん、
ああ、そうでしたか~吉永小百合主演の映画がこの話だったんですね!
なるほど…
そうそう、手紙の形式って、なかなか面白いですね。

同級生の結婚、めったにないですよね。
それだけに~相手が違うなんて?どういうことがあったのか?
気になるでしょうね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「往復書簡」:

« シティ・イン・ザ・シーの美女 | トップページ | 「夢の破片」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック