フォト

おすすめ本

« コーニングスレインさんとポーズ | トップページ | シティ・イン・ザ・シーの美女 »

「テッサリアの医師」

アン・ズルーディ「テッサリアの医師」小学館文庫

ギリシャを舞台のミステリ。
さびれた小さな町モルフィを、身なりの良い太った男ヘルメス・ディアクトロスが訪れます。
折しも、結婚式に花婿が現れずに花嫁を嘆かせる事件が起きた日の夜。
不器量な二人姉妹ヌーラとクリサの妹のほうが、中年になってやっと相手が見つかった所だったのですが。

羊飼いの少年アドニスは、母に言われて教会へ灯明を上げるために、スクーターでやって来たましたが、目の前に靴が飛んできたので驚きます。
うずくまっていたのは、花婿になるはずだったフランス人の医師シャブロル。何者かに目をやられて、動けなかったのです。
寒村の描写がリアル。
景色は美しく、料理は美味しそうなのとひどいのと、すごいばらつきがある。
やる気なさげな人々の中に、働き者も混ざっているんですね。
ヘルメスが泊まる事になった街中の店は、色々な意味でものすごい。
立ち寄った修理工場は散らかっていましたが、疲れた様子のそこの妻は料理上手で、休ませてくれた室内も清潔でした。

若い町長アンゲロスはいぜんの権力者達に疎まれ、罠にかかりそうになっていました。
ヘルメスは、一計を案じる。
ヘルメスの正体は謎のまま。アテネから視察に来たというのですが、警察ではないという…?
ちょっとずつ手助けして膠着した事態に風を入れ、風のように去っていく。
珍しい風物が出てくるので、それを楽しめます。

著者は1959年英国生まれ。毎年、ギリシャで半年は暮らしているそうです。3作目。

« コーニングスレインさんとポーズ | トップページ | シティ・イン・ザ・シーの美女 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「テッサリアの医師」:

« コーニングスレインさんとポーズ | トップページ | シティ・イン・ザ・シーの美女 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック