フォト

おすすめ本

« 2011年前半に紹介した本 | トップページ | 2011年前半に紹介した国内小説 »

2011年前半に紹介した海外小説

2011年前半に紹介した海外小説
1月
「修道女フィデルマの洞察」  ピーター・トレメイン
「友だち、恋人、チョコレート」  アレグザンダー・マコール・スミス
「大聖堂―果てしなき世界」  ケン・フォレット
「クリスマスに死体がふたつ」  ジェイニー・ボライソー
「メッセージ そして、愛が残る」  ギヨーム・ミュッソ
「アンナとロッテ」  テッサ・デ・ロー
「サイズ12はでぶじゃない」  メグ・キャボット
「No.1レディーズ探偵社、本日開業―ミス・ラモツエの事件簿」  アレグザンダー・マコール・スミス
8冊

2月
「千年の祈り」  イーユン・リー
「愛おしい骨」  キャロル・オコンネル
「ルイザと水晶占い師」  アンナ・マクリーン
「ラブリー・ボーン」  アリス・シーボルト
「欲望通りにすむ女」  ドミニク・シルヴァン
「ザ・ホスト」  ステファニー・メイヤー
「名探偵のコーヒーのいれ方 コクと深みの名推理1」  クレオ・コイル
7冊

3月
「パイは小さな秘密を運ぶ」  アラン・ブラッドリー
「バジリスクの魔法の歌」  パトリシア・A・マキリップ
「弁護士はふらりと推理する」  マルチェロ・フォイス
「ムーアに住む姉妹」  ジェイニー・ボライソー
「英雄たちの朝」  ジョー・ウォルトン
5冊

4月
「令嬢レジーナの決断」  ジョアンナ・リンジー
「サムライの娘」  ドミニク・シルヴァン
「ロスト・シンボル」  ダン・ブラウン
「陸軍士官学校の死」  ルイス・ベイヤード
「人形遣いと絞首台」  アラン・ブラッドリー
「ラスト・チャイルド」  ジョン・ハート
「ティモレオン―センチメンタル・ジャーニー」  ダン・ローズ
「暗殺のハムレット」  ジョー・ウォルトン
8冊

5月
「バジャーズ・エンドの奇妙な死体」  ケイト・キングズバリー
「消えた少年たち」  オースン・スコット・カード
「王女マメーリア」  ロアルド・ダール
「警視の覚悟」  デボラ・クロンビー
「音もなく少女は」  ボストン・ラテン
「透明人間の告白」  H.F.セイント
「子供の眼」  リチャード・ノース・パタースン
「ある日系人の肖像」  ニーナ・ルヴォルワル
「ダ・ヴィンチ・コード」  ダン・ブラウン
9冊

6月
「バッキンガムの光芒」  ジョー・ウォルトン
「マクダフ医師のまちがった葬式」  ケイト・キングズバリー
「卵をめぐる祖父の戦争」  デイヴィッド・ベニオフ
「バブルズはご機嫌ななめ」  S.ストロマイヤー
「夏至の森」  パトリシア・A・マキリップ
「午前零時のフーガ」  レジナルド・ヒル
「金の羽根の指輪」  ジャニータ・シェリダン
「三人姉妹」  トニー・パーソンズ
「ストラヴァガンザ」  メアリ・ホフマン
9冊

46冊かな…?
多めかな…
毎晩寝る前に何か読んでましたね。
ミステリが多いですね~。
もともと好きではあるけれど、ぱっと引きこんでくれるのでないと、集中しにくい傾向あったかも。

文学というタイプは少ない…
「アンナとロッテ」と「千年の祈り」ぐらい?
どちらも、とても良かったです。
オランダとドイツに引き裂かれた双子の姉妹の運命…
中国の文革を経験して、アメリカに渡った娘の人生…

ベスト本はむ、難しい…
「大聖堂」の続編が出たのは嬉しかった!
マキリップが次々翻訳発行されるのも!

「陸軍士官学校の死」はエドガー・アラン・ポオが出てくるのが嬉しかったです。
話し方や手紙など、雰囲気が出ていて。

ケイト・キングズバリーは、エドワード朝の古きよき時代のミステリで楽しい。ジェイニー・ボライソーは去年の秋から~はまりました。
アレグザンダー・マコール・スミスも楽しんでましたね。
11才の少女が主人公のアラン・ブラッドリーも楽しみ。
メグ・キャボットのシリーズも読み始めました。

キャロル・オコンネル「愛おしい骨」このミス1位の快挙でした。
日本ではもう一つ人気が出なかったのに。
何かに似てるような…オコンネルの過去の作品のいいとこ取りみたいなのはもちろんだけど。
「ラスト・チャイルド」と田舎町での隠された事件や兄弟愛といった題材、完成度の高さ、緊迫感に~同時代的な共通項を感じますね。

ジョー・ウォルトンの三部作も昨年の話題でした。
そうそう、昨年出た話題作を前半に読んでることが多いので、情報早くないですねえ…
好きなタイプのは着実に読み上げていきますので、趣味の合う人が気づいてくれてると嬉しいんだけど。

「ある日系人の肖像」も濃かったなあ…
「卵をめぐる祖父の戦争」はもっとすごい!

ごひいきデボラ・クロンビーとレジナルド・ヒルの新作があったのも嬉しい。
修道女フィデルマもね~。
水準、落ちてない!

いぜんの作品だけど「透明人間の告白」は本の雑誌のベストにあったので読んだもの。さすがオールタイムベストに出るだけのことはあります。
「消えた少年たち」もそう~生活感ある描写と予想外の出来事で、厚みのある力作!
これはベスト本に入れても良いかな~でも最近の発行じゃないから、ベスト1にするのはどうか??

「ティモレオン」も…
アマゾンか本の雑誌か、両方かも?どっかで推薦を読んだんです。
すごくいいんだけど~強烈。

個人的趣味によるベストは…「大聖堂 果てしなき世界」
ミステリでは「愛おしい骨」
ファンタジーでは「夏至の森」
マキリップからということで。重量級の作品ではないんですけど。
このどれか一つっていうのは…絞れないぃ~~(汗)

« 2011年前半に紹介した本 | トップページ | 2011年前半に紹介した国内小説 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011年前半に紹介した海外小説:

« 2011年前半に紹介した本 | トップページ | 2011年前半に紹介した国内小説 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック