フォト

おすすめ本

« 2011年前半に紹介した海外小説 | トップページ | ピンクなミルクティーさん »

2011年前半に紹介した国内小説

2011年前半にご紹介した国内小説
1月
「巡査の休日」  佐々木譲
「退屈姫君伝」  米村圭伍
「横道世之介」  吉田修一
「紫紺のつばめ―髪結い伊三次捕物余話」  宇江佐真理
「夜行観覧車」  湊かなえ
「青空の卵」  坂木司
6冊

2月
「小さいおうち」  中島京子
「面影小町伝」  米村圭伍
「美女いくさ」  諸田玲子
「エデン」  近藤史恵
「ダブル・ジョーカー」  柳広司
「赤めだか」  立川談春
6冊

3月
「われはフランソワ」  山之口洋
「背表紙は歌う」  大崎梢
「僕僕先生」  仁木英之
「穢土荘厳」  杉本苑子
「蒼林堂古書店へようこそ」  乾くるみ
「シアター!」  有川浩
「乱紋」  永井路子
「茗荷谷の猫」  木内昇
「ふたりの距離の概算」  米澤穂信
9冊

4月
「しゃべれどもしゃべれども」  佐藤多佳子
「陽気なギャングの日常と襲撃」  伊坂幸太郎
「さらば深川」  宇江佐真理
「マドンナ・ヴェルデ」  海堂尊
「葛野盛衰記」  森谷明子
「光媒の花」  道尾秀介
「オー!ファーザー」  伊坂幸太郎
7冊

5月
「イニシエーション・ラブ」  乾くるみ
「新選組 幕末の青嵐」  木内昇
「幸福な食卓」  瀬尾まいこ
「アリアドネの弾丸」  海堂尊
「女子芸人」  神田茜
「若様組まいる」  畠中恵
「東京バンドワゴン」  小路幸也
「神さまのカルテ」  夏川草介
「ストーリー・セラー」  有川浩
9冊

6月
「謎解きはディナーの後で」  東川篤哉
「草の上の朝食」  保坂和志
「薄妃の恋」  仁木英之
「花宵道中」  宮木あや子
「Nのために」  湊かなえ
「三人姉妹」  大島真寿美
「隻眼の少女」  麻耶雄高
「木暮荘物語」  三浦しをん
「和菓子のアン」  坂木司
9冊。

46冊?
けっこう多いような気が。あ、海外のと同じ数…原則、交互にアップしていたから、当然かしら。
読みやすい物を探し求めてましたね。
いやあ、あるんだ~これが、さすがに。
けっこう名前は知っていてもまだ読んだことない作家さんがいくらでも。
海外物は相当意識しないと、あんまり他で推薦されてないから、足りなくなるけど。

宇江佐真理さん、昨年読み始めて、今年前半はずっと深川芸者さんのいるしっとりした江戸が傍にあったような。
米村圭伍も初めて3冊。べらんめえ朝の江戸のお姫様話。あ、ご紹介したのは2冊ですが。
色っぽい「花宵道中」もよかったわ。

歴史物ではごひいき森谷明子さんの「葛野盛衰記」も読み応えありました。
最後の方は平家が出てくるので、来年の大河に影響与えたりしないかな?

前々から読もうと思っていた「穢土荘厳」もやっと。
長屋王や光明皇后、大仏のことを知りたいなら、これで。
書き込みの細かさ厚さがただものじゃない!

有川浩さん、絶好調じゃないですかー!
「シアター!」に「ストーリー・セラー」どっちもいい。
ご紹介してないけど「塩の街」「三匹のおっさん」「県庁おもてなし課」も読んだから、今年前半で一番多く読んだ作家ですね。

坂木司も初めて読んで、気に入りました。
「青空の卵」に始まるひきこもり探偵シリーズと、シリーズ外の「和菓子のアン」
ご紹介はまだですが、加納朋子や光原百合など、日常の謎系に傾斜している今日この頃。

「赤めだか」は自伝なので別枠だけど、「しゃべれどもしゃべれども」と「女子芸人」は近い世界の話でした。
どれも面白かったなあ。

「横道世之介」いい話でした!
「小さいおうち」納得の直木賞。
しをんちゃん「木暮荘物語」もいい感じ。
伊坂幸太郎「オー!ファーザー」もすっごく楽しかった!
「陽気なギャングの日常と襲撃」も、伊坂作品でもかなり楽しい方ですよね。
「ふたりの距離の概算」も古典部メンバーの相思相愛ぶりがほのかで微笑ましい。

木内昇「茗荷谷の猫」も「新選組 幕末の青嵐」もよかったです。
直木賞受賞作はまだ読んでないけど。
好きな作家さんが増えた~嬉しい!

あ、「謎解きはディナーの後で」
うんうん、本屋大賞は納得ですよ。
個人的趣味としてはどうだろ…ユーモアミステリもすごく好きですが~~

ベスト本は~~~難しい…
森谷さんの歴史物の「葛野盛衰記」か…
迫力で「穢土荘厳」もねえ。
最近のということに限れば…
「横道世之介」も好みだけど。「しゃべれどもしゃべれども」もいいなあ…
有川さんの年って感じだから~「シアター!」かな。

« 2011年前半に紹介した海外小説 | トップページ | ピンクなミルクティーさん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011年前半に紹介した国内小説:

« 2011年前半に紹介した海外小説 | トップページ | ピンクなミルクティーさん »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック