フォト

おすすめ本

« 「バッキンガムの光芒」 | トップページ | 白地に桜の帯に替えて »

「謎解きはディナーのあとで」

東川篤哉「謎解きはディナーのあとで」小学館

本屋大賞受賞の話題作。
ユーモア・ミステリです。

国立市の警察に勤める若い刑事、宝生麗子。
地味に作っていますが、じつは財閥の総帥の一人娘なのです。
直属の上司・風祭警部は自動車メーカーの御曹司で、派手な服装でジャガーを乗り回しています。
お嬢さん呼ばわりしている部下が、本物のお嬢様、まさか自分よりも金持ちの家柄とは知らないでいました。

麗子はリムジンの迎えが近くまで来ていて、家に帰ればドレスに着替え、フルコースの食事。
1ヶ月前に来た執事の影山は、長身で黒の似合う30代の男性。よく出来ていて、そつはないのだが、ときどき突然口が悪くなるのです。
そして、お嬢様の話を聞いただけで、事件を解決してしまうのでした。
「この程度の真相がおわかりにならないとは、お嬢様はアホでいらっしゃいますか」などと言いつつ。
麗子は「クビよクビ!」と叫ぶのですが…好奇心に負ける。

上司が気づかない男なので、この秘密は勘づかれないのかな??
タイトルも「殺人現場では靴をお脱ぎください」「殺しのワインはいかがでしょう」「綺麗な薔薇には殺意がございます」といった調子。

薔薇園の中で、若い美女の死体が発見されます。
豪邸の住人の一人と交際中で、水商売のために結婚は反対されつつ、滞在していたのですが…?
うちの薔薇園のほうが大きいとなにげに自慢する警部に、内心「うちは3倍はある」と思う麗子。
というふうに現実離れした展開なので、ゲーム的に楽しめます。

麗子が友達の結婚式に出た所、その後の披露宴の最中に花嫁の姿が見えなくなり、2階の自室で刺されていた?!
駆けつけた人々の他には、誰もいなかった…密室?事件など。

ときどき吹き出しながら、気楽にどんどん読めるので、もっと書いて欲しい気はしますが。
そう遠くない国立市内に住んでいて、大金持ちといつまでもばれないまま?でいるのは、さすがに不自然じゃないのかしら~。
二人(いや三人?)だけで捜査しているかのようなのも、ずっと続くの?
国立市の駅前あたりには行ったこともあるので、何となく雰囲気はわかるような気もします。

« 「バッキンガムの光芒」 | トップページ | 白地に桜の帯に替えて »

コメント

ミステリ読みからすると、ほとんどバカミスだとは思うのですが…(笑)
こういう軽いのも、こんな世の中にはいいんじゃないでしょうか。でも、まさか、本屋大賞をとるなんて驚きました。もっと続編を書いてほしいです~

marieさん、
あはは、バカミス!ですか~happy02
まあ、ほとんど…
今は気楽に読めるのが一番!
っていう気もしますね。
本屋大賞の候補としては新顔の方かしら。
受賞前から売れ出してると思うけど、なんか一気に有名になりましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/51826423

この記事へのトラックバック一覧です: 「謎解きはディナーのあとで」:

« 「バッキンガムの光芒」 | トップページ | 白地に桜の帯に替えて »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック