フォト

おすすめ本

« レースのドレスのmomoko | トップページ | 「陸軍士官学校の死」 »

「さらば深川」

宇江佐真理「さらば深川―髪結い伊三次捕り物余話」文藝春秋

髪結い伊三次と、深川芸者のお文のシリーズ3冊目。
粋な江戸下町の情緒と、貧しいながらも意気地ある庶民の生き方。
不運や罪にまみれつつも、繋がりゆく人の縁があたたかく、しんみりします。

「因縁堀」
廻り髪結いの伊三次は、北町奉行所の同心・不破友之進の小者(手先)もつとめていましたが、前作で不破から離れます。
その後も、不破の妻のいなみの危機を救う急場にひそかに駆けつけたりと、関わりもあったのですが、元に戻る決心はつきませんでした。
お文が女掏摸に財布をすられ、そのやり口が地元の者ではないと気づく伊三次。
岡っ引きの増蔵がその女と何か関わりがあるらしい?

「ただ遠い空」
お文の女中のおみつは、結婚が決まっています。
お文を慕い、後が決まらないと辞められないというおみつ。
そんな所へ、事件のあった茶屋に勤めていたという曰くのある、おこなという女が紹介されてきます。気が強く色っぽいおこなに引っかき回されそうになりますが…?

「竹とんぼ、ひらりと飛べ」
美濃屋の若旦那の母親が、かって手放した娘を捜しているという。
お文ではないかと思う伊三次。

「護持院ヶ原」
大黒屋が斬られ、小石川の大名屋敷が疑われます。
そこには、辻斬りで金を奪っていた浪人がいました。
腕に目を付けた岸和田鏡泉の命だったのです。
大名屋敷に町方が踏み込むことは出来ません。しかも、鏡泉は幻術を使うのです。幻術と対決する異色作。

「さらば深川」
かねてお文に執心していた伊勢屋忠兵衛が、改めて後添えにと望んできます。
お文があっさり断ると、先代に貰った家を引き払うよう脅しをかけてきて‥?

二人の仲も、新たな局面を迎えます。
安定したタッチで、雰囲気にとっぷり浸りながら読めるのが心地いいですね。

« レースのドレスのmomoko | トップページ | 「陸軍士官学校の死」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/51337580

この記事へのトラックバック一覧です: 「さらば深川」:

« レースのドレスのmomoko | トップページ | 「陸軍士官学校の死」 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック