フォト

おすすめ本

« 「パイは小さな秘密を運ぶ」 | トップページ | 赤い物とバトルする猫 »

「背表紙は歌う」

大崎梢「背表紙は歌う」東京創元社

明林書房という出版社の新人営業マン・井辻智紀くんのシリーズ2作目。
連作短編。
とても良い感じです。

「ビターな挑戦者」は初めて会った大手取次会社の大越という男に、毒舌をぶつけられて驚く井辻。
デビルと呼ばれている人物と知りますが、意外に書店に対しては親身な様子。
先輩の吉野にヒントを与えられ、悩んでしまいます。彼の発言の真意は…?

「背表紙は歌う」
ベテラン営業ウーマンの久保田さんが新潟の書店主と結婚していた過去があると知り、驚く井辻。
そこがつぶれかけている噂があって、気にしているらしい久保田さんですが…
営業仲間の真柴に、さりげなくはたらきかけて貰うように頼んでみます。
もう少し大きい出版社の営業で、井辻を「ひつじくん」と呼ぶ軽いのりの真柴ですが…?

「君と僕の待機会」は受賞するかも知れない作家を囲んで待機する編集者達。
そこへ不穏な噂が…

「プロモーション・クイズ」
書店員の推薦が効果を発揮する昨今。
その世界では有名な書店員に推薦文を頼むのですが、たくさん読む本を抱えているために、なかなかすぐには難しかったりするんだそうで。
なるほどねえ…
別シリーズの成風堂書店の店員が、登場するのが楽しい。

« 「パイは小さな秘密を運ぶ」 | トップページ | 赤い物とバトルする猫 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/51024981

この記事へのトラックバック一覧です: 「背表紙は歌う」:

» 背表紙は歌う [積まずに読みたい!]
出版社営業・井辻智紀の業務日誌シリーズ第二弾。 「ミステリーズ!」に連載されていたもの。 これ、ファンの間では、ひつじくんシリーズと呼ばれているのね。 ひつじくんは、他社の営業がつけた井辻...... [続きを読む]

« 「パイは小さな秘密を運ぶ」 | トップページ | 赤い物とバトルする猫 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック