フォト

おすすめ本

« 四大陸フィギュアスケート女子結果 | トップページ | あやのさん、momokoとお着替え »

「ダブル・ジョーカー」

柳広司「ダブル・ジョーカー」角川書店(角川グループパブリッシング)

「ジョーカー・ゲーム」の続編、短編集。
日本のスパイ養成学校、D機関をめぐっての連作になっています。

「ダブル・ジョーカー」は、通称・風機関というライバル組織が出来る話。
D機関では、軍人とばれないように民間から起用、何かあってもスパイとわかっては後に影響するために、死なないのが原則。
軍人にとっては、死なないようにするなんて、けしからん事なのですね。
軍人だけで同じような組織が作られ、リーダーの風戸の名前から風機関という名前になります。
組織は二つも入らないというわけで、食うか食われるかの戦いに…
元英国大使の白幡の家を見張るため、近くの旅館で計画を練る風戸ひきいる精鋭でしたが…?

「蠅の王」は、野戦病院の軍医・脇坂の視点から。
大陸へ慰問に来ている「わらわし隊」の漫才にひっかかるものを感じます。
脇坂は司令官の信頼を得ていますが、じつは…

「仏印作戦」は、フランス領インドシナ連邦での話。
暗号化した電文を日本に送信する仕事をしている高林。
美しいベトナム人のダンサーを愛人にしていましたが?
陸軍と海軍の対立も、ここに影を落としています。

「柩」は、ベルリンでの話。
列車事故で死んだ日本人美術商・真木を、スパイだったと睨む~ヴォルフ大佐。
しかし情報は発見されません。スパイだとしたら、引き継ぎはどうなったのか?
かって直面した魔術師の面影‥

「ブラックバード」は、アメリカの話。
バードウォッチングが趣味の男性が、スパイと疑われます。
じつは二重の経歴を持ち、アメリカ人女性を妻に持っているのですが?

舞台を変え、虚々実々の駆け引きが展開します。
誰が正義というのでもないけれど、D機関の結城中佐だけはやたらとカッコイイのは間違いないです。
引き締まった文体で、面白い!

« 四大陸フィギュアスケート女子結果 | トップページ | あやのさん、momokoとお着替え »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ダブル・ジョーカー」:

« 四大陸フィギュアスケート女子結果 | トップページ | あやのさん、momokoとお着替え »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック