フォト

おすすめ本

« 「アンナとロッテ」 | トップページ | 食べるラー油のおにぎり »

「夜行観覧車」

湊かなえ「夜行観覧車」双葉社

これまでよりは、ほんの少し後味がいい? 
視点が変わり、それぞれの本音から次第に真相がわかってくるのは、お馴染みの形式です。

高級住宅地ひばりヶ丘に住む3つの家族。
主婦の遠藤真弓は、憧れの住宅地に住むことが出来ましたが、一人娘の彩花がおかしくなってしまいました。
真弓が勧めた近くの進学校受験に失敗して、知っている子のいない滑り止めの中学に通う羽目になった彩花は学校になじめなかったのです。
家では爆発して、わめくようになっていました。
なすすべもなく、逃げ腰の父親・啓介。

ある日、向かいの家で、大きな声と物音が。
問題がなかったように見えた高橋家の父親が殺され、品のいい母親が容疑者となります。
しかし、次男・慎司は行方不明。
その夜、実は真弓がコンビニで慎司に出会っていました。
私立K中学のバスケ部の人気者で、ちょっとアイドルの俊介に似ている慎司に、彩花はひそかに憧れを抱いていたのですが…

一家の長男は関西にいて、すぐには事件も知らずにいました。
親が再婚したので母とは血が繋がっていないのですが、分け隔て無く育ててくれたと思っています。
長女の比奈子は、事件の関係者として何となく遠巻きにされてしまい、親友からもメールが来なくなったことに悩みます。
比奈子は、母親に弟ほど期待されていないことを感じていました。

お隣のお節介おばさん・さと子は、常に近所の動向を見張っています。
ただ嫌な脇役かと思うと、そうでもないんですね。これが。
小さなこだわりや胸に秘めた寂しさ、見栄や迷い…
ちょっと意地悪く~細かく書き込まれていて、説得力があります。
そういったものが募って、時には爆発することも。

誰しも、とんでもない部分も持っている!
思いこんでしまうこともあるけど、話し合えば意外にわかることもある。
善意の芽が救いとなり、軌道修正する可能性はあるという展開に。
なかなか読み応えがありました。

« 「アンナとロッテ」 | トップページ | 食べるラー油のおにぎり »

コメント

図書館から借りて読みました。
湊かなえさんの書くものって、怖い物見たさ(読みたさ?)みたいなとこがありますね。人間の中にある怖ろしいモノをみごとに引きずり出してくれるんだもの…

それにしても、一番こわいのは良き母だった淳子だったというのも、ねえ。前の奥さんと子どもで競っていた、なんてこわいわあ~
子どもたちの出した結論もある意味こわい。でも、これでよかったんですよね?

marieさん、
あ、お読みになったんですね!
湊さんの作品は、ほんと「怖い物見たさ」で読まされてしまいます。
好みとまでは言えないのに、お、面白い。
知り合いのいない土地へ嫁いで、完全アウェー状態だったのが、観察力が鋭くなったきっかけだとか。

そう、良き母にもじつは恐ろしい一面が…
何にこだわっているか、すぐにはわからないものなんですね。
前の奥さんなんてねえ…そんなに意識することないのに!
ってわけにもいかないかしら??
結末もまあかなり…希望はある方ですよね~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「夜行観覧車」:

» 読書日記251:夜行観覧車 by湊かなえ [書評:まねき猫の読書日記]
タイトル:夜行観覧車 作者:湊かなえ 出版元:双葉社 その他: あらすじ---------------------------------------------- 父親が被害者で母親が加害者--。高級住宅地に住むエリート一家で起きたセンセーショナルな事件。遺されたこどもたちは、どのように生きていくの…... [続きを読む]

« 「アンナとロッテ」 | トップページ | 食べるラー油のおにぎり »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック