フォト

おすすめ本

« 「青空の卵」 | トップページ | お父さん犬とご対面 »

「No.1レディース探偵社、本日開業」

アレグザンダー・マコール・スミス「No.1レディース探偵社、本日開業ーミス・ラモツエの事件簿<1>

アフリカの国ボツワナの女探偵もの。
作者はスコットランド人ですが、ジンバブエの生まれとか。
マ・ラモツエは、人呼んでサバンナのミス・マープル。
(マというのは女性への尊称)
探偵社を開いた話から、父の人生、主人公の育ちへと戻り、また事件物へと進む短編連作。

プレシャス・ラモツエは愛されて育った一人娘でした。
母を早くなくしましたが、父の従妹に可愛がられます。
恋をした相手ノテと結婚したのですが、これはあまりたちが良くない相手で、じきに去られ、父の元へ戻ることに。
父の死後、残してくれた牛を売って、首都で探偵社を開くのです。
女性に探偵が出来るかという疑問を持たれますが、アガサ・クリスティを知らないのかと問い返すのでした。

機転が利き、押し出しも立派な、アフリカ女性の伝統的体型の34歳。
秘書の女性マ・マクチとも名コンビになっていきます。
行方不明の夫を捜して、意外な顛末を証明したり。
夫の浮気を確認してやったら、かえって依頼人にくってかかられたり。
小型の白いバンを独りで乗り回してどこへでも行き、時には鰐やコブラとも渡り合う。
車の修理工場をやっている男性マテコニとは親友で、ついにプロポーズもされますが…?

ボツワナというのは、アフリカではかなり平和なほうの国らしいですね。
独特なテンポ、住んでいる家や食べ物、知らない土地の雰囲気が伝わってきて、新鮮で面白いです。
呪術の話なども出てきます。一般の人は関わりにはならないようなものではあるのですが。
哀切な少年の話が解決して、ほっとしました。

作者は1948年生まれ。
アフリカ、イギリスの大学で学んだ後、スコットランドで教授に。
一時アフリカに戻り、ボツワナで最初のロー・スクール設立に尽力。ユネスコの議長などを務める傍ら、子供向けの本から学術書まで幅広く活動。
本書は1998年発行。
口コミで火がつき、のちにブッカー賞の審査員特別賞を受賞。

« 「青空の卵」 | トップページ | お父さん犬とご対面 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「No.1レディース探偵社、本日開業」:

« 「青空の卵」 | トップページ | お父さん犬とご対面 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック