フォト

おすすめ本

« 忘年会のイタリアン | トップページ | 全日本フィギュアスケート女子結果 »

「終の住処」

磯崎憲一郎「終の住処」新潮社

第141回(2009年e)芥川賞受賞作。
現役の商社マンという作家さん。
「肝心の子供」をいぜんにご紹介してあります。

見合い結婚で、互いに年齢的な焦りから結婚を決めた夫婦。
妻は何かと急に機嫌が悪くなり、夫は理由がわからずにおろおろするばかり。
妻と姑とは、奇跡的に仲がいいのに。

夫の浮気がばれていたからなのか?
いや、浮気をする前からなのです…
赤ちゃんを育てるときに、夜中もむっくり起きあがる妻の様子はリアル。
2歳の娘と遊園地に行った日を最後に、妻は口をきかなくなり、11年間口をきかないまま。
観覧車が悪かったのかなどと、悩む夫でした。

家で過ごす時間を短くするために、腐心するのです。
その間に、夫は8人と浮気。
美女が目の前に現れるから困るので避けようとしたのにという~妙に受け身な感覚がおかしい。
夫婦は娘を仲立ちに、何とか用事は済ませることが出来たのでした。

ある時、思い立って調べ、帰宅するなり「家を建てるぞ」と叫ぶと「そうね、頃合いね」と返事がありました。
それでも、しっくり行くようになったわけではないのですが。
いずれ浮気する男と見抜かれていたのかも知れない…と、思い至る夫。
アメリカに単身赴任、帰国した日に、家に娘の姿がないことに気づくきます。
昨年からアメリカに行っている、と聞かされて~驚愕。
この結末は、有名ですね。
辛口だけど、ユーモラスでもあります。

意外にシュールな要素を多く含んだ話でした。
奥さんの存在感が、強烈。
我が家はここまでひどくない~と胸をなで下ろす夫婦も?

« 忘年会のイタリアン | トップページ | 全日本フィギュアスケート女子結果 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/50199130

この記事へのトラックバック一覧です: 「終の住処」:

« 忘年会のイタリアン | トップページ | 全日本フィギュアスケート女子結果 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック