フォト

おすすめ本

« 「小暮写真館」 | トップページ | すてきな背景セットで »

「日曜哲学クラブ」

アレグザンダー・マコール・スミス「日曜哲学クラブ」創元推理文庫

スコットランドの作家による、古都エディンバラが舞台のコージー・ミステリ。
1作目。

哲学ジャーナルの編集者という~教養ある40代の女性、イザベル・ダルハウジーが主人公。
日曜哲学クラブというのは、彼女が主催しているクラブ。
といっても~実際には日曜に哲学する気には誰もなれないために活動は行っていない、読者のあなたが会員ですよ、という。

劇場へ行って友人と話しているときに、上の席から青年が転落。
驚愕した彼の顔を目撃し、自分は彼が最後に見た人物かと思うと放っておけなくなるのです。
探偵としては素人だけど、知的で考え深く、好奇心も強い。いささか考え過ぎかも知れませんけどね。

今は一人暮らしのイザベルですが~若い頃にカリスマ性のあるアイルランド人学者と激しい恋をした経験があります。相手が浮気性だったために離婚という結末に。
近くで喫茶店を経営している姪のキャットが、最愛の存在です。
ただキャットの今の恋人トビーは気に入らないので、その気持ちを隠しきれずに衝突することも。

キャットの別れた恋人のジェイミーのほうがずっとイザベルとは気が合い、時には一緒に演奏したりもしています。
キャットが復縁すればいいのにと思いつつ、実は自分が惹かれている面もあるような。
紳士的で献身的なジェイミーが、キャットにとってはセクシーじゃないという考察もあったりして。
家政婦のグレースも、強い味方。
実際的で古風で頑固なグレースは、イザベルの付き合う仲間達とは、全く違う~エディンバラの別な面を代表しているとか。

コージー系というか~
ドロシー・セイヤーズみたいな教養系?
知的とはいえ超人的なわけではなく、日常を静かに楽しんでいる女性。
時には脅えたり迷ったりもしながらも~融通を利かせて行動を選んでいきます。
味わいのある結末。
へたくそな演奏のメンバーが集まっているテリブル・オーケストラが出てくるシーンがおかしいんですが、これは実在して、作者も参加しているのだそうですよ。

« 「小暮写真館」 | トップページ | すてきな背景セットで »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「日曜哲学クラブ」:

« 「小暮写真館」 | トップページ | すてきな背景セットで »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック