フォト

おすすめ本

« NHK杯、やってます | トップページ | 秋にシフトするリカちゃん達 »

「ひかりの剣」

海堂尊「ひかりの剣」文春文庫

大学の剣道部物。
少年漫画みたいなキャラの立ち方で、わくわくと楽しめます。
あのジェネラル・ルージュ、速水晃一医師の若き日。

速水は東城大学医学部の学生ですが、まだ進路も詳しくは決めていません。
授業はさぼるけど、剣道部は欠かさない。剣の道は真っ直ぐに追求していました。硬派だったんですね。

帝華大学の清川吾郎とは、同学年のライバル。
こちらは剣道部をさぼり気味のシティボーイ。有り余る才能をもてあまし、その世界を疎んじて本気にならなかったのです。
ただ速水との出会いでライバルと強く意識し、個人的に速水にだけは負けたくないと思い始めたのでした。
それをおもしろがった高階教授に、負けたら丸坊主と約束させられる羽目に。
大学医学部剣道部の大会で、医鷲旗を争うことになりますが…

帝華の顧問だった高階教授が、東城大学に移ることになります。
あの高階教授の、まだ中年にさしかかったばかりのくせ者ぶりがおかしい。
東城大学には、吾郎の弟・志郎が入学、というややこしいことに。
兄の吾郎に対して、ライバル心を燃やす志郎。

帝華大学には、女子マネージャーとして朝比奈ひかりが入部、これが小柄だけど異常に俊敏で…?
祖父に剣道を少し習っただけで、その祖父に入部は禁じられているという朝比奈のため、説得に向かう吾郎。
山奥の寺の住職と試合をすることに。

いっぽう、清川にはそのままでは勝てないと高階に言われた速水も、個人的な特訓を始めます。
速水と清川が、出だしの原型のような性格から、変化していくのが面白い。速水が、外科医を目指すようになるきっかけも。
麻雀仲間として、田口や島津も登場。面白かったです。

« NHK杯、やってます | トップページ | 秋にシフトするリカちゃん達 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ひかりの剣」:

« NHK杯、やってます | トップページ | 秋にシフトするリカちゃん達 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック