フォト

おすすめ本

« ボクの場所、とった~! | トップページ | 「傍聞き」 »

「ガラスの中の少女」

ジェフリー・フォード「ガラスの中の少女」ハヤカワ・ミステリ文庫

アメリカ探偵作家クラブ賞、最優秀ペーパーバック賞受賞作。
蝶を見て思い出す回想シーンから鮮やかでぴりっと。
わくわくしますね~。

1932年、禁酒法の時代のアメリカ。
メキシコ人の少年ディエゴは、17歳。
頭の切れる詐欺師のトマス・シェルに拾われて息子同然に育てられ、大男のアントニオと三人で、仕事をして回っていました。

最近の役は、霊感のあるインド人という触れ込みで、ターバン姿。
母の霊に会いたいという金持ちのパークスの邸宅で、降霊会を催しましたが、その時にシェルが少女の幻影を見ます。
霊魂の存在を信じていないシェルなのに…

ディエゴにとっては、メキシコ人のメイドで可愛いイザベルに出会ったことのほうが重要だったのですが。
数日後、ハロルド・バーンズの娘シャーロットが行方不明と新聞に出て、これがあの時見た少女だというシェルは、無報酬で少女の行方を捜そうとします。
それが、思いも寄らない展開に?

バーンズ邸には、本物の霊媒師と名乗る美しい女性・リディアがいて、彼女の導きで、何と遺体を発見してしまう。
彼女は何者かに襲われて身を潜める必要に迫られ、彼らで匿うことにするのですが‥
バーンズの知人に犯人がいると、シェルは睨みます。
ひたすら謎を追っていった先には、恐ろしい秘密が…

ゴム女や犬男など、とんでもない危機に際して集まってくる詐欺師仲間達が楽しい。
時代色があり、闇は濃厚で、不気味さもあります。
それでもジェフリー・フォードの他の作品に比べると、ぐっとわかりやすいエンタテインメントになっています。
テンポが良くて、すごくキャラが立っているので、読みやすいんですね。

« ボクの場所、とった~! | トップページ | 「傍聞き」 »

コメント

ご無沙汰しておりますー。
かろうじてクッキー残ってた、てくらいにご無沙汰ですわ。
なんかもー、ここんとこ忙しくて家に帰るとすぐ寝ちゃうの(^^;)
この本、結構前に読んだので、中身はかなり忘れてます。
ジェフリー・フォードでは数少ない文庫ですよね。
主人公のインチキ臭さが結構好きでしたよ。

しあんさん!
きゃあ、お久しぶりぃ~
嬉しいです☆
そんなにお忙しかったんですか!!

この作品、けっこう前に出てたのかな。
楽しみにとってあったのです。
インチキ臭さ?!
確かに~人間くさい濃厚な雰囲気ありますよね。
詐欺師のやることの面白おかしさが暗い部分も読みやすくしているかも

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ガラスの中の少女」:

« ボクの場所、とった~! | トップページ | 「傍聞き」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック