フォト

おすすめ本

« ミラクルさんとご対面 | トップページ | 「廃墟に乞う」 »

「500年のトンネル」

スーザン・プライス「500年のトンネル」創元推理文庫

タイムトラベル物のロマンスです。
16世紀のスコットランドの描写がリアル。

21世紀から16世紀へ繋がるタイムチューブという~私企業の極秘プロジェクトで、時間旅行が可能という設定。
アンドリアは、スコットランドの国境地帯にあるその会社の社員です。
16世紀に派遣され、スターカーム一族の砦に、賓客として既に1年滞在していました。
妖精の国から来たエルフとして…
未来から来るという概念は、16世紀にはなかったのです。

スターカームは、国王に従わない国境地帯の一団の中でも、大きな一族。
その跡継ぎのピーアは、乙女というあだ名の美少年。
アンドリアに恋していることを、知らぬ者はいないのですが?
21世紀では太めの地味な女と思われていたアンドリアが、16世紀の基準では~豊満な最高の美女というのがちょっと楽しい。
ピーアの母は、いずれ二人が婚礼を上げるときには豪華な宴を準備しようと楽しみにしている様子でしたが、反対する者や本気にしない者も当然ながらいました。

16世紀の荒々しい描写がリアルで、甘いロマンスものとは一線を画しています。
重傷を負ったピーアを夢中で21世紀に運び、命を助けるアンドリアですが‥
パニックを起こした少年の目に映る~未来世界。
途中で会ったホームレスとのやりとりがおかしい。
じつはこれがスターカームの末裔で、祖父の使っていた言葉を話せるために16世紀から連れ去られたと誤解され、ピーアにはすっかり仲間扱いに…?
タイムチューブまでたどり着く勘と勇気が、いい感じに描かれています。

21世紀と16世紀の闘いはいかに?
ロマンス物というには甘くない~リアルな展開!
ただし、続編あります~。

« ミラクルさんとご対面 | トップページ | 「廃墟に乞う」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「500年のトンネル」:

« ミラクルさんとご対面 | トップページ | 「廃墟に乞う」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック