フォト

おすすめ本

« 桃のデザート | トップページ | 「エルサレムから来た悪魔」 »

「星間商事株式会社社史編纂室」

三浦しをん「星間商事株式会社社史編纂室」筑摩書房

どう転ぶかわからない~三浦しをん流の会社小説?
社史編纂という閑職に追いやられている社員達。
それぞれに訳あり。

主人公の川田幸代は、まあ一見したところは、ごく普通のOL。
本間課長は、退職間近でやる気がなく、今日も遅刻。
後輩のみっこちゃんは、いつも無駄に明るい。
2年先輩の矢田はゆる~いモテ男で、しょっちゅう席を外す。
室長に至っては…誰も顔を見たことがない?!

幸代には、彼氏もいるのですが~じつは10年も友達3人で「月間企画」というサークルをやっていて、同人誌を作ってイベントで発売することに命を賭けているんでした。
ほぼ同棲中の彼氏・洋平はもと山岳部で、時々ふらりと旅行に出てしまう。
互いの自由を尊重できる間柄なのですが、それが物足りなく不安に思えるときもあったりして。
突然、月間企画の仲間の一人が結婚することになり、サークルをやめるという危機も。

上司に幸代がオタクとばれて、その上なぜか編集室の面々で小説本を作ろうということに。
困惑しつつ、なんとかごまかそうとするのですが…
社史を作るためにインタビューをしていて、誰もあまり語らない穴があることに気づきます。

それは高度成長期に入ろうとする時期の、アジアの一国でのこと…
あやしげな方法で、仕事をとった時期があったらしい。
横やりが入り、このことを公には出来そうもないのですが…?

素人が書いたという設定の小説が時々挿入されてますが、派手でわかりやすいので、けっこう読みやすい。
コミケのリアルな描写も~知っていると笑える。
30部で、赤字だけど楽しいって。リアルすぎ~。
いまどきはニュースでも放映するから、そんなに驚く人もいないのか??

« 桃のデザート | トップページ | 「エルサレムから来た悪魔」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「星間商事株式会社社史編纂室」:

« 桃のデザート | トップページ | 「エルサレムから来た悪魔」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック