フォト

おすすめ本

« 「名画で読み解くハプスブルグ家12の物語」 | トップページ | バービーさんのボディ比較 »

「出世花」

高田郁「出世花」祥伝社文庫

時代物です。
みをつくし料理帖の高田さんの別シリーズ。

6年前に駆け落ちした母を「妻敵(めがたき)討ち」のために追う父と、幼い娘。
江戸近郊(といっても下落合あたり)で行き倒れ同然で寺に運び込まれます。
9歳の娘・艶は、父を看取ってくれた僧らに救いを見るのでした。
「艶」から、仏縁の「お縁」と名を変えて、身の振り方が決まるまで寺で育てられることに。

江戸時代には、墓寺という存在があったとか。
青泉寺は、広い境内に湯灌場と火屋と墓所を備えていて、火葬場を持たない寺の用も引き受けていました。幕府の認める制度からははじかれた存在だったが、当時はそういう寺もあったんだそうで。
まだ、墓をしっかり作ることも出来ずに裏山に浅く埋める人も多い時代。
父を清めて送り出してくれた人に恩を感じながら育ち、若い娘の身で、お縁はしだいに手伝うようになります。

お縁の身の振り方を考えていた僧らは、大店の桜花堂からかかった養女の口を歓迎するのですが、お縁は優しい主人夫婦を慕いつつも、2年後になってある決意を。
女性の手で綺麗にして貰える~としだいに評判が広まっていくのでした。
うら若い娘の身を案じた住職の計らいで、まだ正式に尼僧とは認められませんが、「正縁」という名を貰います。

ある時頼まれて、青年僧・正念に付き添われ、四谷大木戸を越えて市中へ入ります。
女郎のてまりのたっての願いで、姉のような存在だという~おみのを看取るためでしたが…

いちずな娘のすがすがしさが、人々の苦しみ、重い部分を救います。
お江戸探偵物としても、新鮮な構成。

« 「名画で読み解くハプスブルグ家12の物語」 | トップページ | バービーさんのボディ比較 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「出世花」:

« 「名画で読み解くハプスブルグ家12の物語」 | トップページ | バービーさんのボディ比較 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック