フォト

おすすめ本

« 「数えずの井戸」 | トップページ | 2010年前半に読んだ海外小説 »

2010年前半に読んだ本

今年の前半にご紹介した~本のタイトルと作者名をあげておきます。

2010年1月に紹介した本
「極北クレイマー」 海堂尊
「ラビリンス」 ケイト・モス
「アイスクリン強し」 畠中恵
「世界一簡単に目標がかなう成功脳の作り方」 苫米地英人
「カラスの親指」 道尾秀介
「田村はまだか」 朝倉かすみ
「たたり」 シャーリィ・ジャクスン
「完全恋愛」 牧薩次
「ビカミング・ジェイン・オースティン」 ジョン・スペンス
「チルドレン」 伊坂幸太郎
「トワイライト2」 ステファニー・メイヤー
「矢上教授の午後」 森谷明子
「ミレニアム2」 スティーグ・ラーソン
「秋期限定栗きんとん事件」 米澤穂信
計14冊

2月
「世界一の美女になるシークレット・レッスン」 イネス・リグロン
「ころこころ」 畠中恵
「修道女フィデルマの叡智」 ピーター・トレメイン
「エンジェル・エンジェル・エンジェル」 梨木香歩
「アルケミスト」 パウロ・コエーリョ
「疑心」今野敏
計6冊
少な…!オリンピックのせいですね。

3月
「リンカーン弁護士」 マイクル・コナリー
「深山に棲む声」 森谷明子
「ルイザと女相続人の謎」 アンナ・マクリーン
「笑う警官」 佐々木譲
「シェイクスピア・シークレット」 ジェニファー・リー・キャレル
「こいしり」 畠中恵
「ずっとお城で暮らしてる」 シャーリィ・ジャクスン
「配達赤ずきん」 大崎梢
「相棒」 五十嵐貴久
「悪魔の調べ」 ケイト・モス
「暴雪圏」 佐々木譲
「蛇、もっとも禍し」 ピーター・トレメイン
「贖罪」 湊かなえ
「ルイザと不穏な休暇」 アンナ・マクリーン
「しがみつかない生き方」 香山リカ
「ミレニアム3」 スティーグ・ラーソン
「食堂かたつむり」 小川糸
「エリザベス-華麗なる孤独」 石井美樹子
計18冊

4月
「空の中」 有川浩
「天使はモップを持って」 近藤史恵
「アン・ブリンの生涯」 キャロリー・エリクソン
「レッドデータガール2」 荻原規子
「トワイライト3」 ステファニー・メイヤー
「花や散るらん」 葉室麟
「夜想曲集」 カズオ・イシグロ
「ポトスライムの舟」 津村記久子
「ジョーカー・ゲーム」 柳広司
「警察庁から来た男」 佐々木譲
「王と最後の魔術師」 エレン・カシュナー
「平台がお待ちかね」 大崎梢
「ホアズブレスの龍追い人」 パトリシア・A.マキリップ
「魔王」 伊坂幸太郎
「ザッカリー・ビーヴァーが町に来た日」 キンバリー・ウィリス・ホルト
「追想五断章」 米澤穂信
「巡礼者たち」 エリザベス・ギルバート
「花散らしの雨」 高田郁
計18冊

5月
「拮抗」ディック・フランシス
「猫を抱いて象と泳ぐ」小川洋子
「蛇の形」ミネット・ウォルターズ
「あなたの苦手な彼女について」 橋本治
「剣の名誉」 エレン・カシュナー
「龍神の雨」 道尾秀介
「ウィークエンド」 ピーター・キャメロン
「学問」 山田詠美
「ラウィーニア」 アーシュラ・K・ル=グウィン
「Another」 綾辻行人
「スペイン フェリペ2世の生涯」 西川和子
「サイン会はいかが」 大崎梢
「ソウル・コレクター」 ジェフリー・ディーヴァー
「図書館戦争」 有川浩
計14冊

6月
「冬の薔薇」 パトリシア・A.マキリップ
「人間失格」 太宰治
「犬の力」 ドン・ウィンズロウ
「宵山万華鏡」 森見登美彦
「ゼルプの裁き」 ベルンハルト・シュリンク
「武士道セブンティ-ン」 誉田哲也
「白夜に惑う夏」 アン・クリーヴス
「警官の紋章」 佐々木譲
「翡翠の家」 ジャニータ・シェリダン
「1Q84 book1」 村上春樹
「彫刻家の娘」 トーベ・ヤンソン
計11冊

合わせて81冊かな…たぶん?
昨年や一昨年と比べて、思ったより減ってないかな~。
(一昨年がここんとこで一番多いです)
まとめ方がちょっとずつ違ってたりするため、今計算してみたのが正しいのかどうか、自信がないんですが。
今年は母の老化が進んで要介護度も3から5へ。何かと大変になりましたので…
外出などの他の楽しみが出来ない分、冊数だけは意外に読んでいる方かと。
貴重な気分転換なのです。
疲れがたまって、読む量も減らした方がいいんじゃないかとペース落としたこともあるんですよ。でも、ぼーっとするだけで、元気がなくなってくる…
気力の足りない分を、本を読むことで輸血しているような物なのかも?
けっこう新しい人も読んでるけど、ジャンルがちょっと偏ってる気がする…
短時間で入り込みやすい本になってるのかもね。

年ごとに読んだ本をまとめた記事は、右サイドのカテゴリー欄の「ベスト本」をクリックしていただけば~出てきます。
カテゴリーは作家名が多くなっちゃって~ものすごく長いんですが、その下の方に!
このブログって、カテゴリーの順番を変えられないんですよ。最初に国内作家名、次に海外作家名をずらりと。
その後、ひらがな、カタカナ、漢字の順でカテゴリーが並んでます。
ひらがな、カタカナはあいうえお順だけど~漢字がどうもわかりにくい??

国内作家の前にnameとしたのは、英語の小文字がトップに出るみたいだから。
国内作家名は、漢和辞典に載ってる順というか~最初の漢字のつくりの画数順みたいです。

さて、ベスト本…む、難しい~~!
歴史物がけっこう多いみたいな。
警官物も多くて、楽しく読んでますが。
「花散らしの雨」が好き。
「猫を抱いて象と泳ぐ」も、よかった~!
「1Q84」とか「ミレニアム」とか~「ラウィーニア」かな…
もうちょっと、考えないと…ジャンル別の整理なども、このあと少しするつもりですが~出来る範囲で…

« 「数えずの井戸」 | トップページ | 2010年前半に読んだ海外小説 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010年前半に読んだ本:

« 「数えずの井戸」 | トップページ | 2010年前半に読んだ海外小説 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック