フォト

おすすめ本

« イタリアンのレディースセット | トップページ | 「白夜に惑う夏」 »

「武士道セブンティーン」

誉田哲也「武士道セブンティーン」文藝春秋

高校の女子剣道部の話。
映画化された「武士道シックスティーン」に続く2作目。(そちらは未読)
二人の女子の視点で交互に描かれ、章のタイトルも全然違うのが笑えます。

磯村香織は、東松学園高校の剣道部で、今や女子の主力。
父は警官、兄も剣道部で、五輪書を愛読する勇ましさ。一人称の語りが、少年漫画の主人公みたいに男っぽい。
ケンカも強く、イジメに遭っていた男子を腕力で助けるほど。

同期の西荻早苗とは剣道部仲間で、タイプが違うライバルだったのです。
ふだんは大して強くないのに、妙に香織には強いのでした。
日舞を長くやっていて、要領のいい姉がいる、まったく違う育ち。
早苗が親の転勤で転校するときに、香織は見送りに来ましたが、早苗はとっさに剣道はやめるかもと嘘をついてしまう。

じつは早苗は、福岡でも有名なスポーツ校・福岡南へ入学。
学校がライバルになるために、香織には言いにくかったらしい。そんなことを意識するもんなの?と思ったけど、学校対抗の試合が良くあるから、所属する剣道部に対して忠義を尽くすという感覚が(とくに香織には)あるのね。
しかし、何かと流儀が違う剣道部に戸惑う早苗でした。
親しげに声を掛けてくれた黒岩伶那が、じつは香織とは中学時代の試合でお互いに意識しあう~宿敵とも言える存在だったと知ることに。

福岡で行われた試合で再会した二人。
早苗の様子を不審に思った香織は…早苗の寂しさを他の人に指摘される~男子並みに鈍感な香織なんでした。

ただのスポーツではない、武士道とは?
高校生の出くわすちょっとした出来事と、剣道の特訓や試合が進んでいく様子が織り込まれ、心地良く読めます。
笑わせつつ、離れていても続く友情の確認へ。

« イタリアンのレディースセット | トップページ | 「白夜に惑う夏」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「武士道セブンティーン」:

« イタリアンのレディースセット | トップページ | 「白夜に惑う夏」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック