フォト

おすすめ本

« 母の日のケーキ | トップページ | ミルクティーパーティーさん参入 »

「龍神の雨」

道尾秀介「龍神の雨」新潮社

実の親を亡くし、残された子供二人が義理の親と一緒に暮らすことになった二つの家庭。
嵐の夜、龍が空を飛ぶのを見たように思う子供達。
奇しくも運命が交錯する…
雨が降らなければ、犯罪は起きなかったかも知れないのに?

母を亡くして大学進学を諦め、コンビニで働く蓮。
義父は飲んだくれて部屋にこもってばかりいて頼りにならず、蓮は自分が妹の楓だけは守ろうと思っていました。
楓を高校進学させるのも難しいのですが…
義父の態度に思い詰めた蓮は、妹を守ろうとある決心をします。

一方、辰也と圭介の家は。
母が海で死んだ後に父が再婚し、若い義母に馴染みきれないでいるうちに、その父も病死してしまったのです。
残された男の子二人と若い義母がぎこちなく暮らしているのでした。

辰也は中学2年と感じやすい年頃。万引きをしては義母に見せつけたり、義母が母を殺したのだと言い放ち、小学生の弟の圭介は、胸を痛めていました。
辰也が圭介にも万引きを強要、それは蓮の勤めるコンビニでした。
しかも辰也は、楓と同じ中学で…?

子供がこんな危機に巻き込まれるのは哀しいのですが…しかも誤解が!?
この雰囲気も、意外な展開も、道尾さんならでは。
ミステリというよりホラー的な気配がありますね。
臨場感のあるリアルな描写、独特なムードでぐいぐい読ませます。
2009年5月発行の作品。

« 母の日のケーキ | トップページ | ミルクティーパーティーさん参入 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「龍神の雨」:

« 母の日のケーキ | トップページ | ミルクティーパーティーさん参入 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック