フォト

おすすめ本

« ミルクティーパーティーさんの細部 | トップページ | 雨の日のお迎え »

「Another」

綾辻行人「Another」角川書店(角川グループパブリッシング)

学園物ホラーというか、そういうものが読みたい気分なら、満足できると思います。
父が海外赴任中、祖父母の家から中学へ通うことになった榊原恒一。
ところが肺気胸で入院してしまい、転校早々欠席に。
やっと登校したクラスでは、何か様子がおかしいのです。

病院でも一度出会った少女・見崎鳴(ミサキ・メイ)と同じクラスになりましたが、一人だけ古ぼけた机に座る彼女には、誰も話しかけないのでした。
鳴には、謎めいた独特な雰囲気がありました。
人形作家の母が作品を展示している店の上に住む少女。瓜二つな人形が、その家にはあるのです…

その中学の三年三組には、呪いというか、「ある年」には生徒やその家族に複数の死者が出るという言い伝えがあった…
26年前に、亡くなったクラスメイト・ミサキがまだ一緒にいるふりをして偲んだのがきっかけらしい。
状況を変えようと、様々な試みもなされていると知りますが…?

謎めいた少女の雰囲気が、余計に盛り上げます。
かって合宿をおこなったことで食い止めたことがあると聞き、担任の三神先生と第二図書室の司書・千曳の引率で、合宿することになるのですが…
なかなか怖かったです~。

やたらと死ぬ人数が多いのが気になるけど、あまりリアルではなく、過去の新聞記事のよう。
子供にとっては死とは遠くに感じられて、たまにぞくっとする程度のあっさりしたものなのかもね~。
1000枚、677ページという大作ですが、読みやすいですよ。

« ミルクティーパーティーさんの細部 | トップページ | 雨の日のお迎え »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/48413037

この記事へのトラックバック一覧です: 「Another」:

« ミルクティーパーティーさんの細部 | トップページ | 雨の日のお迎え »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック